新刊のコラム

【検証】インスタグラムの投稿にいるネカマを見抜けるのか

こんにちは、ワカジツです。せっかく1枚目の写真なのにブレていてすみません。

 

いきなりですが、みなさんは「嘘」を見抜く力を持っていますか?

 

「どういう質問?」と思うかもしれませんが、インターネット社会と呼ばれる現代には、嘘が溢れかえっているんです。

 

 

特に世界中で流行り散らかしている「インスタグラム」では、悪徳業者が女性になりすまして、男性に詐欺行為をおこなうケースがめちゃくちゃ多いんだとか。

 

つまり現代社会を生き抜くためには、いかに嘘を見抜いて、正しい情報を受け取るかが大切だといえます。

 

そこで、世の男性はどれくらい写真を見抜く力があるのか、こんな企画を考えてみました。

 

 

ルールは簡単で、女性が実際におこなったインスタグラムの投稿に、1枚だけ男性が作ったものが混じっているので、それを見抜いてもらいます。

 

電子が中心の社会で、真実を見抜く眼をしっかりと持てているのか。みなさんも記事を読んで、自身の実力を確かめてみてください。

 

では、どうぞ。

 

今回のチャレンジャー3名を紹介

今回の検証のために、真実の眼を持っているのか若干怪しい感じがする3名をお呼びしました!

 

まず1人目は、新潟から上京して、Webライターとして活躍しているだいちさん(26)

 

Webライターは真実を発信する仕事。正直簡単だと思います!

 

文章と写真は全く違うと思うのですが、大丈夫ですか?

 

はい!!!!!!!!!

 

(あ、元気だけで仕事を取るタイプだなこの人)

 

続いては、オシャレなレンタルスペースを運営しているつよしさん(26)。つい最近まで大学で研究を続けていたのですが、起業して独立したとのこと。

 

スペースの利用者を増やすには、写真へのこだわりが大切ですからね。狭い場所をいかに広々とした空間に見せるか、これが撮影の肝です。

 

騙してる側の発言じゃない?これ。

 

最後は、IT企業に勤めているみさきさん(29)。最近10年以上付き合っていた彼女と別れたそうです。

 

彼女と別れた傷は癒えましたか?

 

最近はマッチングアプリで毎日女の子をチェックしています。かわいい子とやり取りするのが楽しいです。実際に来る子はそこまでかわいくないのですが……

 

全然見抜けてないじゃん。

 

というわけで、今回はこちらの3名にチャレンジしていただきます!!

 

「翌日10時に渋谷に集合してください」しか言っていなかったのに、何も聞かずに来ていただいて本当に感謝です。ただ、これもし詐欺案件だったらどうするんだろうね。

 

検証用のインスタグラムの投稿を紹介

 

では早速ですが、みなさんに今から5枚の投稿をお見せします。その中に1枚だけ男性が今回のためだけに作ったものがあるので、それを見抜いてください。

 

まかせてください。ちゃちゃっと見抜きますよ。

 

では、5枚の写真がこちらです!

 

スッ

 

おおお!!!??

 

 

かき氷の写真ですね。後ろに男性が映ってる。

 

 

こんなオシャレなパンケーキを焼いてくれる彼女が欲しい……

 

 

なんだこの容器!!こんなの新潟に無いっすよ!!!

 

 

写真の雰囲気が加工アプリっぽいので、何となく素人感がありますね。

 

 

これはめちゃくちゃこだわって撮影されてる感じがしますね!インスタグラマーっぽい

 

以上5枚です。この中に1つだけ、男性が撮影したものを混ぜてます。

 

 

ぱっと見だと全然わからないですね…!

 

……これってどんな人の投稿なんですか??そういう情報が少しでもわかればありがたいです。

 

 

お、いいところに目をつけましたね。そう言われると思って、実は投稿者の写真も用意しています。

 

1名ずつお見せしますね。

 

スッ

 

ススッ

 

スススッ

 

ススススッ

みんなめちゃくちゃかわいいじゃないですか!!

 

全員とマッチングしたい……。特に1枚目の子が好みです。

 

そんな話は聞いてません。一応説明すると、1枚目の子が現役女子大生で、2枚目がフリーのライター、3枚目が美容師、4枚目がデザイナーです。

 

そして最後、女性に偽って投稿文を考えた成人男性がこちらです!!!

 

 

成人男性!!!!

 

ゴリッゴリに成人男性だ

 

あだ名をつけるなら「爽やかなおっさん」になりそう。

 

情報量が多すぎてついていけないのですが、なぜこの方はカメラを持ちながらカメラで撮られてるんだろう。

 

僕はちょっとプリケツなのが気になります。

 

この方はプロのカメラマンなので、宣材写真だと思います。プリケツはわかりません。

 

さあヒントはここまでなので、あとは写真の中の情報から男性が撮ったものを見抜いてください!

 

思ってたより難しいかも……

 

偽投稿写真のチェックスタート!

 

 

……とりあえず、1枚ずつ気になったポイントを見ていきますか。

 

僕はちょっと1枚目の写真の奥にいる人影が気になりますね。

 

 

これ明らかに彼氏ですよね?なのでカメラマンの線は消えるのでは?

 

や、男性同士でかき氷を食べることもあるんじゃないでしょうか!!

あとハッシュタグの2人で1つ頼むべきだった」というコメントがミスリードを誘っている可能性があります!!

 

考察が深いな。

 

でもこれ、いいカメラ使ってる気がするんですよね。スマートフォンで背景をボケさせると違和感が出るんですが、これは自然に被写体をうまく捉えている気がします。

 

確かに……

 

僕はこの写真は無いような気がします。写真と投稿文がマッチしてるし、何より表参道のかわいらしいイベントに男性1人で行くってハードル高そうじゃないですか?

 

 

この写真は構図がプロっぽいので、仕事で撮影した写真を使いまわしている可能性がありますね。ハッシュタグがシンプルなので、インスタグラムに慣れてない感じもします。

 

 

この写真は明らかにプロっぽいんですよね!!

 

ただ投稿文が……

 

しゅわしゅわ

 

この方が考えたのだったら、失礼ですがちょっと笑っちゃいます。

 

さすがにかわいい女の子が書いたと信じたいね。

 

 

この写真は加工アプリで撮られた可能性が高いですね。ただしカメラマンが、騙すためにあえてスマホの写真を採用しているかもしれません。

 

なんか疑えばキリが無いですね……

 

とりあえずもう1回見ていきますか!!

 

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・

回答発表!!

 

そろそろ答えは出ましたか??

 

決まりました!

 

正直これしか無いと思います!!

 

すごい自信だ!

 

では、それぞれ「これは男性が考えた!!」と思う写真を指差してください!!!

 

せ~~~の!!!!

 

 

メロンソーダ!!!!

 

……メロンソーダですね。理由は何でしょうか?

 

正直、写真だけで見たら本当にわからなかったです。それぞれいい写真だし、インスタ女子が投稿していそうなものばかりでした。

 

ただ……

 

 

投稿文からおっさんがにじみ出てました。

 

ひとつだけ明らかに「必死に調べたぜ感」がすごかったです。

 

「ファインダー越しの私の世界」とか「おうちかふぇ」が頭から離れません。

 

業者の投稿がこれだったら、たぶん騙されないです。

 

なので、メロンソーダが、男性の作った投稿写真です!

 

なるほど……

 

みなさん……

 

正解です。

 

完敗しました。

 

ですよね。

 

お疲れさまでした。

 

みなさんは「嘘を見抜く眼」がありますね。お見事です!!おめでとう!素晴らしい!!!よく頑張りましたっ!!!

 

そんなテンションで言われても、ぶっちゃけ達成感はないです。

 

次回はもっと難しいやつにしてください。

 

しゅわしゅわ……

 

さいごに

 

ということで「インスタ女子の投稿写真の中に、男性が作ったものを混ぜたら見抜けるのか」という検証は、普通に見抜けるという結果に終わりました。

 

「写真だけなら見抜けなかったかもしれない」ということでしたが、投稿文を女性に寄せすぎた結果、かえって不自然になってしまうという事態に。やはりプロのカメラマンでも、女性のマネしてインスタ投稿はできないんですね(当然)

 

なお、今回プロが撮影した写真は、あえてハイアングルから撮影してメロンソーダに視点を誘導し「今からこれを飲みますよ」という心理的表現を意識しているそうです。完成度の高い写真を作るには、色々なテクニックがあるようですね。

 

……ちなみに「あまりカメラに自信が無いけど、きれいな写真が撮りたい!」と考えている方には『カメラはじめます!』という書籍がおすすめです。

 

カメラ初心者に向けた書籍で、たった3つのテクニックを覚えるだけで、初心者でも思わず人に見せたくなるような写真が簡単に撮影できるとのこと。実際にプロ感のある写真の撮り方をかなりていねいに解説しています。

 

専門用語に詳しくなくても、写真のセンスが無くても全く問題ないので、写真が上手になりたいと思っている方は、ぜひ書籍を手にとってみてください!

 

僕はインスタグラムで知り合ったかわいい女の子から「ここのサイトに登録したらデート行けるよっ!」って言われたので、登録してデートに行ってきます。登録料は3万円だそうです。

 

ではまた。

この記事は、”カメラはじめます!” こいしゆうか(著)/鈴木知子(監修)の新刊コラムです。


カメラはじめます! こいしゆうか(著)/鈴木知子(監修)

カメラはじめます!

こいしゆうか(著)/鈴木知子(監修)
1,200円+税
詳しくはこちら
覚えることはたった3つ!?
マンガでわかる 一眼レフカメラの入門書!
ムズカシイ専門用語も、マニュアルも、写真のセンスも、いっさい必要なかった!