Home > ブック > 仕事のレベルを上げる > なぜか感じがいい人の かわいい言い方

ブック
ご希望の本を探したり、買うことができます

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

なぜか感じがいい人の かわいい言い方 1

クリックで拡大表示

  1. なぜか感じがいい人の かわいい言い方

山崎拓巳(著)

2021年12月08日 発売
ISBNコード 978-4-8014-0092-4
四六判 本文2色 248ページ 束18ミリ

定価:1,400円(税込1,540円)

 


周囲の人にいい印象を持ってもらいたい。
「あの人は感じのいい人だな」と思ってもらいたい。
そう考えたことは一度や二度ではないはず。
ではどうしたら第一印象を良くして、
感じのいい人と思ってもらえるのでしょうか?

感じのいい人には、
共通した「言い方」の特徴があるようです。
世界トップクラスのビジネスセミナー講師として、
誰もが認める“コミュニケーションの天才"とされる著者が、
心理学やコーチング理論に基づいた
人との距離を縮める“かわいい言い方"をご紹介。

どの言い方も、
性別、年齢を問わず使いやすいものばかりです。
実際に口に出してみればみるほど、
あなたの印象はどんどん良くなっていくことでしょう。

仕事でも、家庭でも、出会いの場でも。
ぜひおためしください!






目次
Chapter1 あいさつ/しゃこうじれい 挨拶/社交辞令
 短時間で距離を縮めたいとき
 緊張する相手に自己紹介するとき
 相手の変化をほめたいとき
 疎遠になった人に気楽に連絡したいとき
 関係を継続したいとき
 質問・雑談が続かないとき
 立食パーティーで挨拶したあと言葉が出ないとき
 自己紹介をするとき
 初対面で会話をするとき
 年下の人と打ち解けたいとき
 年配の人と打ち解けたいとき
 はじめて組む人と仕事を円滑に進めたいとき
 尊敬する先輩から教えを乞いたいとき
 店員さんと仲良くなりたいとき
 お気に入りのお店を見つけたとき
 訪問先で「今、手が離せない」と言われたとき
 
Chapter2 おねがい/いらい お願い/依頼
 協力を呼びかけるとき
 仕事を急いでやってもらいたいとき
 常識の範囲を超えた仕事をお願いしたいとき
 頼んだ仕事をやってもらえないとき
 幹事役なのに人が集まらないとき
 直接聞きにくい話を聞きたいとき
 偉い人と会う約束を取り付けたいとき
 偉い人との関係を強くしたいとき
 雑務をお願いしたいとき
 大事な役割を譲るとき
 
Chapter3 おことわり/じたい お断り/辞退
 身近な人からのお誘いを断るとき
 知り合いたての人からのお誘いを断るとき
 いったん引き受けたものを断るとき
 キャパシティを超えそうな依頼がきたとき
 相手の要求がエスカレートしてきたとき
 申し出や応募、志願などを断るとき
 あまり気が進まない仕事を頼まれたとき
 苦手なことに誘われたとき
 会を途中で抜けなければいけないとき
 やるかやらないかを決めるとき
 
Chapter4 へんじ/はんのう 返事/反応
 小さなお願いを引き受けるとき
 とっさに意見を求められたとき
 提案を否定・却下されたとき
 相手からしつこく念押しされるとき
 ほめてもらったとき
 陰口に巻き込まれそうになったとき
 SNSに誇らしい出来事をアップするとき
 感想を伝えるとき
 アポイントを確認するとき
 気の毒に思う気持ちをこめるとき
 相手にマウンティングされたとき
 周囲から持ち上げられたとき
 前にも聞いたような話をされたとき
 人からなにかしていただいたとき
 興味のない趣味の話が出てきたとき
 
Chapter5 ていあん/しゅちょう 提案/主張
 反対意見を出したいとき
 話が平行線をたどっているとき
 このまま話が進んでもメリットがなさそうなとき
 「この人と一緒に仕事をしたい」と思ったとき
 お客様に仕事をおさめるとき
 依頼内容をより明確にしたいとき
 会議の空気が重いとき
 根拠のないうわさ話が流れているとき
 部下の心の状態を確認したいとき
 提案中に緊張してしまったとき
 別れ際に会話が盛り上がったとき
 
Chapter6 しどう/ちゅうい 指導/注意
 部下が何度もミスをくり返すとき
 新しい案件を開始してもらうとき
 大事なことに気づいてくれたとき
 部下のやる気がなさそうなとき
 自分の気持ちを察してほしかったとき
 上司から大雑把な注意を受けたとき
 しくじったとき
 自主性にまかせたら、誰もやってくれなかったとき
 コミュニティを離れる人の心をつなぎとめたいとき
 相手をあきらめさせたくないとき
 なかなか言うことを聞き入れてくれないとき
 
Chapter7 はんせい/しゃざい 反省/謝罪
 誤解で怒らせてしまっているとき
 クレーム・問い合わせを受けたとき
 取引先との飲み会で上司が暴走したとき
 相手を不機嫌にさせてしまったとき
 相手のことを思い出せないとき
 うっかり失言してしまったとき
 ご厚意をいただいたとき
 ためになることを教わったとき
 場の話題についていけないとき
 明らかに相手のミスなのに、相手が自覚していないとき
 「適当でいいですよ」と言われたとき
 
Chapter8 きくばり/はいりょ 気配り/配慮
 手土産を渡すとき
 祝福の言葉をかけるとき
 会話が沈黙してしまったとき
 メンバーに不運な出来事が続いているとき
 相手が緊張しているとき
 自分だけ誘われなかったことを知ったとき
 相手が不安を感じているとき
 相手が自分を卑下しているとき
 失礼なことをされたとき
 ピンチに追い込まれたとき
 話題を変えたいとき
 相手にリスペクトの気持ちを伝えたいとき
 人間関係をリフレッシュしたいとき
 がんばっている人に声をかけるとき
 日頃の感謝の気持ちを伝えたいとき

この書籍のレビュー

総合評価 ★★★★★ 5.0
あきのほたる
評価 ★★★★★ 5.0
投稿日:2021/12/12
大切な「かわいい言い方」
「かわいい言い方」と聞くと、何か子供っぽいイメージがあるが、良好な人間関係を築く上で、大切なものであることを、この本を通じて痛感した。
「大人の言葉に言いかえる」といったことをテーマにした本はあるが、本書は「大人の言い方」よりも相手に好かれ、自分自身も好きになることができる「一次感情」を表明する言葉(それがすなわち「かわいい言い方」)を例示している点で、ユニークな一冊と言える。
もし続編が出たら、ぜひ購入したい。
この度はレビューをお送りくださりありがとうございました。
大人の言い方は「相手に嫌われない言い方」、かわいい言い方は「相手に好かれる言い方」、というこの本のコンセプトを的確に表現してくださり嬉しいです。

「自分自身も好きになる」という視点も素敵だと思いました。
ぜひかわいい言い方で2022年を良い1年にしてください!
広報部 岩田梨恵子
返信日:2022/01/11
レビュー感想
評価 ★★★★★ 5.0
投稿日:2021/12/23
感想
何度も読み返しました。テーマ別に添って書かれていてとてもわかりやすくて、感動です。
こんな時「なんと言えば」といつも迷っていた事がありましたが、クリアになりました。
会話の時に知りたい事が詰まっていて、目からウロコです。
会話術学んで行きながら実践していきます。
私の愛読書になりました。ありがとうございました!
何度も読んでくださり、ありがとうございます(^^)
ぜひぜひ実践してみてくださいませ(^^)
営業部 市川聡
返信日:2022/01/08
22歳会社員
評価 ★★★★★ 5.0
投稿日:2022/01/03
世渡り上手になれます!
敬語を学ぶ本は山程あるけれど親しみを感じるかわいい言い方を教えてくれる本はあまりないなと興味をもち購入しました。

挨拶や社交辞令は勿論、謝罪や配慮の時のかわいい言い方が数多く記載されており感銘を受けました。

誰もが経験したことがあるような言い返しが難しいシーンでもこれで可愛く乗り越えられそうです!
22歳会社員さま
この本に興味を持ってくださってありがとうございます!
どう言えば相手に良い印象を残せるかって悩む場面ってたくさんありますよね…。
ふだんから「かわいい言い方」を使っていると
きっと仕事もプライバーともどんどん楽になっていくと思います。
ぜひこれからも本書をよろしくお願いします!
編集部 橋本圭右
返信日:2022/01/07
匿名希望
評価 ★★★★★ 5.0
投稿日:2022/01/10
実践したい項目が沢山ありました
いつも貴重なお話ありがとうございます。
「大人の言い方」ができるように気をつけていましたが、関係を築く上では堅く、距離ができるように感じていました。
この書を読ませていただき、少し踏み込んでしかし相手を尊敬した話し方が学べました。
事実を述べただけで相手をいい気持ちにさせることができる、対等な立場で勇気付けられる、好き私の中で今1番の発見でした。
今まで関わってくださっている方々、そして、これから関わる人達に対し、「かわいい言い方」で対応できるよう実践していきたいと思います。

ますますのご活躍を僭越ながら応援しております。
レビューをお送りいただきありがとうございます!
細かいところまで読み込んでいただいているようで、
とても嬉しいです。

ぜひできるところから実践してみてください。
編集部 鶴田宏樹
返信日:2022/01/13
なお
評価 ★★★★★ 5.0
投稿日:2022/01/18
気持ちの届く言い方
拓巳さんのような、話し方がやわらかく聞こえる人のように話したいなぁと思っていたところでこの本が発売されて、これだー!と思い購入しました。

ー「うまく話そうとする」ことよりも、「なにを感じているかを話そうとする」ことの方が大事だ、ということです。(まえがきより)


私自身、大人な言い方をされると一線引かれた感じがして、でもそれを自分でもやっているなぁと感じていました。
ほめたいこと、仕事で歩み寄りたい時など本当に思っていても口にするとどこか気を遣って言っているようになってしまって、もどかしかったのですが、この本がとても参考になりました。

そして嫌なことも、角を立てず、大人すぎずに避けられる。


シーン別に分かれていて読みやすく、イラストや本の鮮やかな色もかわいくて、置いておくだけで言葉をまるく、を意識できる気がしています。

素直に、かわいく伝えて、シンプルで疲れない人付き合いをしていきたい方にはオススメです。
なおさん、ありがとうございます!

おっしゃる通り、大人な言い方は間違いはないのですが相手の心に残らないですよね。
素直な言葉は少し恥ずかしいですが、ちゃんと言葉にして伝えられる人は素敵ですよね(^^)
私もこの本で日々「かわいい言い方」勉強中ですので、一緒にがんばりましょう!
広報部 南澤香織
返信日:2022/02/02
本の感想が採用されると1000円のAmazonギフト券をプレゼント!

おまかせ本選びサービス

ジャンル別書籍リスト

速報!通販ランキング

RSS


サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
連載エッセイ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。