新刊のコラム

会話術を身に付けるには?会話が盛り上がる人の特徴や身に付ける方法なども解説!

#新刊のコラム

会話が続かず悩んでいる、会話で相手にいい印象を与えたいという人は多いでしょう。自分では、人に好かれる会話や当たり障りのない会話をしているつもりでも、相手に冷たい印象を与えていないか気になることもあります。この記事では、周囲にいい印象を与える会話術について解説します。会話術のある人の特徴や、会話術を身に付ける方法なども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

会話術とは

会話術とは、人と会話をするときに必要な力のことで、話し方や聞き方などからコミュニケーションを磨く方法を指します。会話術が身に付くと会話が長続きして、人との良好な関係が築けます。会話術は、プライベートはもちろん、場の空気を汲み取ったり立場をわきまえたりするビジネスの場でも役立ちます。

会話術はトレーニングで磨いたり、実践を重ねたりすることで身に付けられます。

会話が続かない原因

愛想が悪い・ボキャブラリーが不足していることが、会話が続かない原因と考えられます。また、対人関係を構築したり、話したりすることが苦手なのも原因のひとつです。

相手の話の腰を折り、自分の話ばかりしてしまう、相手の話を否定してしまう、洞察力が弱いなど、自分主体で話を進めてしまうと、会話が続きません。

まずは相手の話をしっかり聞いて思いを汲み取り、言葉を繋げることを意識しましょう。自分主体ではなく相手主体で話を進めると、会話のキャッチボールが続きます。

会話術が身に付いている人の特徴とは

会話術が身に付いている人は「相手の話をよく聞く」「相手に興味を持つ」「会話のネタが多い」「話が分かりやすい」「笑顔で話す」といった特徴があります。ここでは特徴について解説します。

相手の話をよく聞く

会話術が身に付いている人は、笑顔などで表情に出したり、ジェスチャーを加えたりして、話に共感していることを相手に伝えます。また、時には自分から質問をして、情報を正しく引き出そうとします。正しく情報を引き出せれば、お互いの意見が違う場合でも相手を否定したり、傷付けたりせず自分の思いを伝えることができます。

相手に興味を持つ

相手に興味を持ち、歩み寄ろうとするのも会話術が身に付いている人の特徴です。そのような人は、初めて会った相手にも「ご出身は?」「好きなものは?」など、様々な質問を投げかけます。名前以外の情報を知ろうとすることは、コミュニケーションのきっかけにもなります。自分との共通点などを見つけられれば、相手との距離を縮めることもできます。

会話のネタが多い

会話術が身に付いていると、目の前にいる人に合わせた話題を見つけられます。そのような人は、相手の記憶に残る話、感動する話、笑い話などをストックしていることが多いです。会話のネタが豊富な人は、相手に面白い話をする人と認識され、また会いたいと思わせられます。独りよがりではなく、相手の気持ちを考えながら話すのも特徴です。

話が分かりやすい

会話術が身に付いている人は、話の内容を正しくわかりやすく伝えます。相手に伝えるべき内容を見極め、会話の中で大切なポイントを明確にします。伝えるべきポイントが明確であれば、相手にも話を理解されやすいでしょう。話が分かりやすい人は、誰にでも理解しやすい言葉を選び、たとえ話などもうまく盛り込んでいます。

笑顔で話す

会話術がある人は、笑顔の人が多いです。笑顔は大切なコミュニケーションの一つです。人間は視覚から得られる情報が55%とも言われています。笑顔の人は近寄りやすく、話しかけやすい印象があり、相手に安心感を与えます。また、笑顔は「あなたの話に興味がある」というメッセージにもなります。