ライフスタイル

優しいけどデリカシーがない人とはどう付き合えばいい?3つの対処法で関係を改善しよう

要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑
#ライフスタイル

「優しいのに、どうしてデリカシーがないの?」
そんなモヤモヤを抱えてはいないでしょうか。優しさとデリカシーのなさが同居する人との付き合い方には悩みますよね。自分が我慢してしまい、モヤモヤを抱え込んでしまってはいませんか?

この記事では、優しいけどデリカシーがない人への対処法をご紹介します。デリカシーのない人の特徴や心理、改善法もあわせて解説。少し心掛けるだけで改善できることがあるかもしれません。ぜひ最後まで読んで、モヤモヤを解消するヒントを見つけてください。

この記事は書籍『 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 』の関連コラムです。

優しいけどデリカシーがない人の4つの特徴

優しいけどデリカシーがない人の特徴を見ていきましょう。

  1. 相手の気持ちを考えずに行動する
  2. プライバシーに踏み込みすぎる
  3. その場の空気を読まない
  4. 相手に対する気遣いをしない

詳しく説明していきます。

1.相手の気持ちを考えずに行動する

優しいのにデリカシーがない人は、相手が嫌がっているのに過度な親切心から手助けをしようとしたり、相手の気持ちを確認せずに勝手に決めつけてしまうところがあるでしょう。「自分はいいことをしている」と思い込んでいるために、相手の気持ちに気づくことができません。

また、相手が傷ついているのに、慰めるどころが余計に傷つけるような言動をとってしまうことも。相手の感情を理解できず、人間関係に歪みが生じてしまいがちですが、本人はそれに気づいていないことが多いでしょう。

2.プライバシーに踏み込みすぎる

優しいのにデリカシーがないと、相手の個人的な情報を聞き出そうとしたり、断られているのに深掘りしようとしたりする傾向があります。相手は話したくないと思っていても、「親身になって聞いている」ため、踏み込んでしまうのです。

また、相手の許可なく個人情報を第三者に話してしまうことも。これらの行動は、相手との信頼関係を損ないがちです。しかし、デリカシーがない人は相手が嫌な気持ちになっていることに気づいていないことが多いのです。

3.その場の空気を読まない

優しいのにデリカシーがない人は、その場にそぐわない発言をしたり、空気を乱すような行動を取ったりします。本人は「場を和ませよう」と思っていても、逆に場を壊してしまうことになりがち。相手が話したくないことでも話題にしてしまうなど、状況に応じた対応をできない傾向があります。

本人は気づいていないことが多いですが、場の空気を読まないことで周囲の人を不快にさせているのです。

4.相手に対する気遣いをしない

優しいのにデリカシーがないと、相手の立場に立って考えていなかったり、相手の都合より自分の都合を優先してしまったりする人が多いでしょう。「自分は相手のことを考えている」つもりでも、実際は自分中心の行動になっているのです。

相手に迷惑をかけていても気づかず、相手に対する気遣いを感じられません。悪意はないはずですが、相手への配所に欠けた行動によって相手との関係が悪化してしまうこともあるでしょう。

優しいけれどデリカシーがないと感じる人との付き合い方

ここからは、優しいけれどデリカシーがない人とうまく付き合っていくためのポイントを紹介していきます。

相手に振り回されないように冷静に対応する

優しくてもデリカシーがない人の言動には振り回されないことです。感情的になってしまうと関係がこじれてしまう恐れがあるので、冷静に受け止めることを心がけましょう。

相手の不適切な発言に対して感情的に怒るのではなく、「その発言は適切ではないと思う」と冷静に伝えてみるとよいでしょう。客観的に対応することが重要です。自分の感情をコントロールし、冷静さを保つことを心がけましょう。

自分も言動に気をつけることで対応方法を示す

相手の言動が不適切だからといって、自分まで同じ言動をしないことが大切です。自分が適切な言動をとることで、相手に対応方法を示すことができるでしょう。

相手がプライバシーに踏み込むような発言をしてきたら、「その質問には答えられない」と毅然とした態度で伝えること。自分の言動で、相手との境界線を示すことが大切です。

相手に適切な対応方法を示すためには、自分自身がデリカシーのある言動を心がけることが不可欠です。相手の言動に惑わされず、自分の言動を律することを意識しましょう。

いいところにも目を向ける

デリカシーがないという欠点に目が行きがちですが、優しさという長所にも目を向けてみましょう。相手のよい面に注目すれば、良好な関係を築くことができるでしょう。

相手が親身になって相談に乗ってくれたら、そのことを素直に感謝するのです。相手の長所を認めることで、相手も自分のよい面を発揮しやすくなります

優しいけどデリカシーがない人への3つの対処法

優しいけれどデリカシーがない人への対処法を紹介します。

  1. 嫌なことははっきりと伝える
  2. 適切な言動を伝えて改善を促す
  3. 距離を置く

詳しく見ていきましょう。

1.嫌なことははっきりと伝える

優しいけどデリカシーがない人への対処法として、まず大切なのは「嫌なことははっきりと伝える」ことです。

デリカシーがない言動をされて嫌な思いをしても我慢してしまうと、相手は、その言動が嫌な思いをさせているとわかりません。はっきりと「その言葉は傷つく」「そういう質問は答えたくない」伝えることが大切です。

言いにくいと感じるかもしれませんが、毅然とした態度で伝えましょう。感情的にならず、冷静に伝えることがポイント。相手はただ気づいていないだけかもしれません。きちんと伝えることで、相手も自分の言動を振り返るきっかけになるでしょう。

2.適切な言動を伝えて改善を促す

相手のデリカシーのなさは、適切な言動を知らないからかもしれません。具体的にどうすればいいのかを伝えると効果的でしょう。

「その話題はプライベートすぎるから、聞かないであげて」
「急に大きな声を出されると驚くから、もう少し小さな声で話して」
など、その場その場で具体的に適切な言動を伝えることで、相手も学ぶことができ、相手の気持ちを考えるきっかけになるでしょう。

一度伝えただけで改善されるとは限らず、何度も繰り返して伝える必要があるかもしれません。長年の習慣で身についてしまっていることも考えられるので、すぐに変わることは難しいかもしれませんが、伝え続けていくうちに徐々に改善されていくでしょう。

3.距離を置く

何度伝えても改善する意思が見られない場合は、距離を置くことも必要です。無理に付き合い続けると、自分が傷ついてしまいます。

会う頻度を減らしたり、連絡を控えめにしたりすることで適度な距離を保つようにしましょう。距離を置くことで、相手との関係を見直すきっかけにもなります。自分がストレスを溜め込まないようにすることを心がけましょう

優しいけれどデリカシーがない人への対処は難しいもの。嫌なことははっきりと伝えて、必要であれば距離を置く勇気も大切です。

デリカシーのなさを治すには?

ここでは、デリカシーのなさを治す方法を紹介します。

「デリカシーのなさを治す方法を教えてあげたい」
「もしかしたら自分はデリカシーがないと思われているかもしれない」
という場合にはぜひ参考にしてください。

相手の気持ちを考える習慣をつける

デリカシーがない人は、相手の気持ちを考えずに行動してしまいがちです。自分は良いことだと思い込んでいるため、相手がどう感じるかを想像できないのです。

大切なのは、「もし自分が相手の立場だったらどう感じるだろう」と考えてみること。自分が同じことを言われたり、されたりしたら嫌だと思うことは、相手も同じように感じるはずです。

相手にプライベートな質問をしたくなったら、自分が同じ質問をされたらどう思うかを想像します。相手の気持ちを考えることを習慣づけることで、デリカシーのある言動ができるようになるでしょう。

マナーを学ぶ

デリカシーがない人は、マナーを知らないがために失礼な言動をしてしまうことがあります。会話の際の言葉遣いや、食事のマナーを知らないとその場に応じた言動ができず、周りの人に不快感を与えてしまうことがあるのです。

この場合、本を読んだり、セミナーに参加したりして、マナーを学ぶとよいでしょう。ビジネスマナーや社交術などを学べは、デリカシーのある言動ができるようになります。

デリカシーのある人の言動を観察してみるのも有効です。その人がどのような言動をとっているのかを見て、自分の言動を改善するヒントにするのです。学ぶ姿勢を持つことがデリカシーを磨くためには欠かせません。

自分の言動を振り返ってみる

自分の言動が相手を傷つけていることに気づかず、無意識のうちにデリカシーがない行動をとっていることも少なくありません。

これを治すには、1日の終わりに自分の言動を振り返ってみるとよいでしょう。自分の言動を客観的に見直すことで、デリカシーのない部分に気づくことができるはずです。次の日からは、その反省を生かして改善していくことができます。

自分の言動を顧みることは簡単なようで難しいものですが、自分自身と向き合うことはデリカシーを身につけるためには必要不可欠なのです。

優しいけどデリカシーがない人には適切な対応をしよう

優しいけどデリカシーがないと感じる人に対しては、感情的になって振り回されないようにしましょう。その言動はやめてほしいと伝えるのも効果的ですが、言いにくいこともありますよね。

また、嫌だと伝えられたとしても、必ず改善するとは限りません。相手を完全に変えることは不可能です。うまくやっていくためには自分の考え方を変えた方が気持ちが楽になることもあります。

Jam氏の著書『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』では、人間関係におけるさまざまな悩みから解放されるような考え方のコツを紹介しています。いつまでも嫌な気持ちを引きずらないように、自分の心を守るための指南書として、持っていて損はない1冊です。

この記事は書籍『 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 』の関連コラムです。