新刊のコラム

【1~2文字】短い文字数でバズりたいと思ったのでツイートを真剣に考えてみた

#新刊のコラム

短い文字数でバズりたい!!!!

いきなり重力で顔がパンパンな成人男性が叫んですみません。1日10時間はTwitterを見る男、ワカジツと申します。

Twitterを始めとしたSNSは、もはや日常には欠かせないものになりつつあります。僕も毎日ツイートしているのですが、なんとかしてバズりたいなあと思う今日このごろ。

……でも正直、ツイートを考えるのって超絶めんどくさいんですよね。

バズるために140文字ギリッギリまで利用して、1文字1文字にこだわりつくして、画像もいい感じのやつを用意して……となると、めちゃくちゃ手間がかかります。

できることなら短い文字数でバズり散らかして、他の人が長文でツイートしている横でドヤ顔したいです。

そう思ったので、今回は「なんとか短い文字数でバズれないか」というチャレンジをしてみました!

目標文字数は1~2文字です。ではどうぞ。

【文字数1】短い文字数でバズるツイートその1

バズらせるためには、まずはツイートをしなけば始まりません。

普通ならここでしっかりと内容を考えるところですが、今回は「とにかく短い文字数」がコンセプトなので、とりあえず無思考でツイートしてみたいと思います。

僕はこの「ぬ」の2画目が、全ひらがなの中で1番線が長いのではないかと思っています。ここらへんをフォロワーさんがうまく読み取ってくれると、大バズにつながるのではないでしょうか。

タイムラインを浮遊する「ぬ」がこちらです。

僕の中学時代を思い起こさせるくらい死ぬほど目立たないのですが、しばらく様子を見てみます。

丸1日後……

10いいねでした。

僕はフォロワーさんが4,000人くらいいて、どんなツイートをしてもだいたい30いいねくらいはつくのですが、「ぬ」に関しては10いいねでした。めちゃくちゃ反応が悪くて、中学の体育の授業くらい病みそうです。

……しかしこのツイートの異質さに気づいたのか、リプを送ってくれている方もいらっしゃいます。絵文字ひとつだけですが、とてもありがたいですね。

さらに「攻撃的な内容を含む可能性のある返信も表示する」という、とんでもないリプもついてしまいました。

恐ろしいですが、勇気を出して表示してみたいと思います。

とても攻撃的な内容でした。

【文字数1】短い文字数でバズらせるツイートその2

「ぬ」だけだと、他の頑張ったツイートよりめちゃくちゃ反応が悪いという事態に陥ったので、他の案を考えます。

やはり原因として考えられるのは「タイムライン上で全然目立たない」というもの。どうしても文字数が短い分、目に留まる可能性が低いんですよね。

そこで次は、画像つきでツイートをしてみようと思います。

画像があれば短いツイートでも目に留まりやすく、多くのいいねがかせげるのではないでしょうか。

ということで、ひらがな1文字で最もインパクトを演出できる「も」をツイートしました。画像には「なぜこれを撮影したのか」という疑問しか浮かばない、おしゃれな皿に入ったビューティーな藻を添えています。

こちらタイムラインに浮かぶ「も」です。そこはかとなく磯の香りが漂ってきますね。(上のツイートがバズってますね)

しかもこちら、投稿して1分でいいねがつくという最高のスタートダッシュ。ついにバズの気配が漂ってきましたね。藻だけに。

さて、丸1日待ってみましょう。

減りました。9いいねでフィニッシュです。

この2ツイートでわかったことは「も」よりも「ぬ」のほうがバズる可能性があるということなので、最初に「ぬ」を選んだ僕のセンスは間違ってなかったのかもしれません。書いていて意味がわからなくなってきました。

ちなみに今回のツイートにもリプをいただけました。こんな少ない文字数のツイートでも、しっかり反応をいただけるのは嬉しいですね。

ただ、通知欄の言語能力がIQ3くらいになりました。

【文字数2】短い文字数でバズらせるツイートその3

バズの秘訣をインフルエンサーから勉強しています。

……ここまで2つのツイートをしてきて何となくわかったのですが、やはりオリジナルには限界がありそうです。やはりTwitterでバズるには、過去の傾向と対策を掴むことが大切だということに気がつきました。

そこで過去に1,000いいね以上ついているツイートを3,000件ほど抽出して、いいね数や文字数・ツイート内容を確認することにしました。

ここからバズるツイートの傾向を確認することで、より反応の良いものを作り上げていきたいと思います。

少量ですが、すでに1~2文字でバズり散らかしているツイートも確認できました。

詳しくは紹介できませんが、かわいい女の子が自分の写真と一緒に「ん」とツイートするだけで4,000いいねを獲得しているのを見て、この世の無情を噛み締めています。

そして3,000件のツイートから読み取った結果、

  • ジャニーズ or アイドル
  • かわいい女の子 or イケメン
  • かわいい女の子 or イケメンのイラスト
  • とりあえずかわいいもの

あたりがバズる傾向にあるとわかりました。

冷静に考えるとめちゃくちゃ当然の話なので「ツイートを抽出した時間を返してほしいな」と思ったのですが、せっかくなので活用していきます。

僕はおでんくんのようなビジュアルなので自撮りは無理だし、イラストも用意できません。

となるとやはり「かわいいもの」にフォーカスをあてる必要があります。

僕でも用意できる「かわいいもの」ってなんだろうか……

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

ねこ

おそらくこちらが最適解です。

動物ジャンルは万人受けするうえに「かわいいもの」という定義に当てはまります。さらにフリー素材も豊富に存在するので、画像を用意できないということもありません。

まさに完璧。パーフェクトバズツイートです。

ちなみにこの写真は、知り合いの女性にフリー素材を50枚見せて最もバズりそうなものを選んでもらいました。この女性にはあとでねこじゃらしを送っておきます。

ということで、丸1日待った結果がこちら!!

・・・・・・・・

そこそこ増えてる……

「も」が9いいねだったのに対し、たった1文字増やした「ねこ」は47いいねを獲得しました。

正直、僕が毎日必死に考えてツイートして得られる30いいねよりもめちゃくちゃ楽に反応を得られるので、混乱しています。

しかも「かわいいですね」「癒やされる」などの好意的なリプも多く、ねこの実力に驚かされています。

ただこれ、僕がネットから適当に拾ってきたフリー素材なので、かわいいですね🥰と言われてもどうしたらいいかわかりません。これに関しては本当に申し訳ないなと思いました。

ちなみにちょっと味をしめて、文字だけで「ねこ」とツイートしてみたのですが、9いいねで「も」と同じレベルでした。

やはり画像の力は偉大ですね。

1~2文字でツイートした結果まとめ

ということで今回は「短い文字数でバズりたい」という思いを叶えるためにいくつかツイートをしてみましたが、結局地味ないいね稼ぎで終了してしまいました。

やはり短い文字数でバズるには難易度が高いので、フォロワーさんが数万人を超えるレベルになるまでは、地道に長文でツイートしたほうが良さそうです。

なお『バズる文章教室』という書籍では、過去の人気作家さんやインフルエンサーの文章を分析して「バズる文章の法則」を導き出しています。

京都大学出身の文筆家である三宅香帆さんが「楽しい文章の法則」を言語化してわかりやすく解説しているため、文才がなくてもバズを狙えるようになる一冊です。

最初はこのようにバズる法則に基づいたツイートを発信して、フォロワーさんが増えてから「ねこ」や「も」という超短文バズに挑戦したいですね。

僕はここ数日の少ない文字数ツイートでフォロワーさんが20名ほど減ったので、もう二度と短文のツイートはやりません。

ではまた。

この記事は、”文芸オタクの私が教える バズる文章教室” 三宅香帆(著) の新刊コラムです。


文芸オタクの私が教える バズる文章教室 三宅香帆(著)

文芸オタクの私が教える バズる文章教室

三宅香帆(著)
1400円+税
詳しくはこちら
「言葉の発信力」を上げたい人へ。
ネタ、つながり、専門知識がなくてもOK!
話題の京大生ライターが言語化した“モテまくる文章”の科学