新刊のコラム

「話しやすい人」とは?話しやすい人のメリットや特徴、話しやすい人になる方法など解説

#新刊のコラム

話しやすい人になると、様々なメリットを得られます。本記事では、話しかけやすく、感じのよい人を目指したい人に向けて、話しやすい人のメリットや特徴について解説します。話しやすい人になるための具体的な方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

話しやすい人とは?

話やすい人は、程よい距離感を保ちながら、人を楽しませるコミュニケーション能力があります。周囲に居心地のよさを感じさせることで、自然と会話が弾み、明るく優しい雰囲気を生み出します。また、人望が厚く、周囲に好影響も与えます。高いコミュニケーション能力によって、仕事で評価され、異性から好印象を得やすいという特徴もあります。

話しにくい人の特徴

話しやすい人について理解するために、その反対の特徴を知ることも有益です。ここでは、話しにくい人の特徴について解説します。

いつも不機嫌に見える

話しにくい人の特徴のひとつとして、周囲から不機嫌に見えることが挙げられます。ネガティブな印象を与えるため、話しかけられにくくなります。また、単独行動を好むようにも思われ、周囲の人から距離を置かれてしまう可能性もあります。

会話が弾まない

会話が弾まないことも、話しにくい人の特徴のひとつです。楽しい会話にはリズムやテンポが重要です。テンションが低く、返事も単調でそっけないと、会話が弾みません。話を遮り、周りの意見を聞き入れない人との会話も同様に、楽しさは生まれないでしょう。

相手に失礼な態度をとる

話しにくい人は、会話する相手に対して、デリカシーに欠ける失礼な態度をとってしまうこともあります。例えば、会話中にスマートフォンをいじることなどは、相手にネガティブな印象を与え、話しにくさを感じさせるでしょう。

話しやすい人のメリット

話しやすい人になると、多くのメリットが得られます。ここでは、恋愛面と仕事面でのメリットについて解説します。

恋愛におけるメリット

話しやすい人は、性別を問わず好印象を得やすい傾向があります。会話の最中はいつも笑顔で、ポジティブな雰囲気を持つため、周囲の人に好かれやすいです。相手に共感する姿勢を持ち、親近感も生まれます。人間関係は会話から始まることが多いため、多くの出会いを手にするというメリットもあります。

仕事におけるメリット

仕事上の評価が上がりやすく、責任のある仕事を任せられる可能性が高いことも、話しやすい人のメリットです。話しやすい人は、コミュニケーション能力も高い傾向にあります。そのため、業務をスムーズに進めることや、自分の意見を分かりやすく伝えることができます。共感力もあり、職場での信頼や助けも得やすいでしょう。