新刊のコラム

「話しやすい人」とは?話しやすい人のメリットや特徴、話しやすい人になる方法など解説

#新刊のコラム

話しやすい人になるには?

話しやすい人になるには、どのようなことを心掛ければよいのでしょうか。ここでは、具体的な方法について解説します。

相手の話をしっかり聞く

会話の際は、一方的にならないように相手の話をしっかり聞くことが重要です。会話は相互のやり取りで成り立つことを忘れないようにしてください。会話を盛り上げようと、自分ばかりが話してしまうと、相手が楽しいと感じられず、話しやすい雰囲気は作り出せないでしょう。

挨拶をしっかりする

気持ちのよい挨拶を行うことが大切です。挨拶は、笑顔でポジティブに相手の目を見て行うと効果的です。挨拶をすることで好印象につながり、周囲から話しやすい人である印象を獲得できます。会話が苦手な人の多くは、会話を弾ませることに難しさを感じているでしょう。日々の挨拶をきっかけに、話しやすい人を目指していくことをおすすめします。

積極的に話しかける

積極的に話しかけ、相手にとって楽しい会話になるよう心掛けましょう。周囲の人に話しかけ、その会話で相手を楽しませるという繰り返しによって、話しやすい人という印象が形成されていきます。自分からの話しかけは、きっかけとして大切ですが、相手が話す最中は、相槌やリアクションを忘れず、自分から質問することも重要です。

清潔感を心掛ける

話しやすい人になるためには、見た目の清潔感も重要です。清潔感の維持や改善は、誰でもすぐに実践できることです。見た目の第一印象は重要で、見た目を改善するだけで、相手に好印象を与えられます。清潔感は、会話の場面だけでなく、恋愛や仕事でも、よい効果をもたらすでしょう。

相手に好印象を与える会話を意識する

相手に好印象を与える会話を心掛けましょう。会話の中で、相手の服や持ち物などを褒めると、相手は気持ちよく話すことができます。また、自分と相手の共通点を見つけ、相手の興味のある話題で会話を盛り上げることもできます。他にも効果的な会話方法は数多くあり、会話術や話し方を紹介している本を参考にするのもおすすめです。

まとめ

話しやすい人には、性格や会話、行動、見た目などに共通点があります。これらを参考に、話しやすい人になるための、具体的な方法を実践していくことが大切です。

「なぜか感じがいい人の かわいい言い方」は、“コミュニケーションの天才”と呼ばれる筆者が「言い方」について解説した書籍です。細分化されたシチュエーション毎に解説され、どの言い方も、年齢や性別を問わず、使いやすい表現ばかりです。周囲への冷たい印象や、周囲との壁を作っているのではないかという不安が多い方は、ぜひご利用ください。

(画像提供:iStock.com/kokouu/SunnyVMD)

この記事は、”なぜか感じがいい人の かわいい言い方” 山崎拓巳(著) の新刊コラムです。


なぜか感じがいい人の かわいい言い方 山崎拓巳(著)

なぜか感じがいい人の かわいい言い方

山崎拓巳(著)
1,400円+税
詳しくはこちら
感じのいい人には、共通した「言い方」の特徴があるようです。世界トップクラスのビジネスセミナー講師として、誰もが認める“コミュニケーションの天才”とされる著者が、心理学やコーチング理論に基づいた人との距離を縮める“かわいい言い方”をご紹介