ライフスタイル

田舎暮らしの現実と理想の違いは?|生活のメリットデメリット・仕事について解説

#ライフスタイル

田舎暮らしの現実は甘くないという意見を聞きますが、工夫をすれば生活のコストを抑えて自然豊かな環境で快適に暮らせます。この記事では田舎暮らしのメリットのみでなく、田舎特有の人間関係の注意点や移住の成功のコツを解説します。都会の喧噪から解放される田舎暮らしを満喫したい人は、ぜひ参考にしてください。

田舎暮らしの現実:メリット

田舎暮らしには、自然や地域の人々との交流など多くの魅力があります。以下で、メリットを解説します。

自然豊かな土地で生活できる

田舎暮らしは、山や海、川などの自然に囲まれて暮らせる点が大きなメリットです。広い土地を使って家庭菜園ができ、自給自足の生活スタイルで暮らせます。山でハイキング、海ではサーフィンなど、自然の中ならではのレジャーも楽しめます。都会の喧噪を忘れて、自然に囲まれて開放的な気分で日々を過ごせるでしょう。

生活のコストが抑えられる

田舎は物件の賃料や土地の値段が安いため、都会に比べてお得な価格で広い家に住めます。食費にかかるコストも低く、地元で生産された鮮度の高い野菜や海産物などを安く手に入れられたり、近隣の住民からもらったりもできます。コンビニやスーパーが遠い場所にあるため、買い物に行く頻度が減って節約にもつながるでしょう。

電車通勤から解放される

田舎暮らしは車での移動が中心になるため、通勤電車に乗る必要はありません。都会の通勤ラッシュの人混みや交通渋滞などを感じることはなく、移動によるストレスから解放されます。田舎の生活は、都市部と比べてゆっくりと時間が流れるので、都会の慌ただしい生活から解放される生活が送れます。

地元住民との交流ができる

田舎は人間同士の距離が近く、地元住民とのつながりや地域のコミュニティにおける交流が盛んです。地域のイベントやお祭りなどに参加することで、都会にはない人のつながりを感じられるでしょう。移住者を誘致している地域では、自治体が移住者に対して積極的に活動しているため、地域に溶け込みやすい環境が用意されています。

のびのびした環境で子育てができる

地域で子どもを育てる環境がある場合は、近隣の住民が面倒をみてくれることがあります。子どもの心は、自然の環境の中でゆとりを作り、ストレスを減らして精神が安定しやすくなるでしょう。おむつ代の助成や所得制限なしの医療費助成など、子育てがしやすい地域もあるため、制度の活用も有効な方法です。

田舎暮らしの現実:デメリット

田舎暮らしの現実には不便な生活によるデメリットがあるため、以下で解説します。

車がないと生活できない

田舎は移動距離が長いため、買い物や出かける際に車が必須です。車は1人1台を所有する家庭が多く、自動車本体の購入費用がかかります。ガソリン代や自動車税、自動車保険などの費用も必要になるため注意が必要です。駅やバス停がある地域でも運行の本数が少ないので、都会に比べると不便に感じるでしょう。

虫が多い

自然豊かな環境では、虫が多く発生します。虫は家の中に入り込んでくるため、虫刺されに悩まされることが増えるでしょう。都会に比べて虫のサイズは大きく、駆除した場合でもすぐに発生してしまいます。山や川、田んぼなどが近くにあると虫が発生しやすくなるため、家は場所を考慮して選びましょう。

人間関係が面倒になる

田舎暮らしは地元住民との距離が近いことで、人間関係が面倒になる可能性があります。近所付き合いが根付いている地域の場合、他の家庭の冠婚葬祭への参加や手伝いが強制になるでしょう。田舎は人付き合いが悪いと、村八分のような扱いを受けることもあるため注意が必要です。地域によっては移住者を避ける場合もあり、必ずしも歓迎してくれるわけではありません。

娯楽が少ない

田舎は都会に比べて、娯楽や商業施設の少なさがデメリットです。大型スーパーや、スマートフォンのゲーム、パチンコなどで遊べますが、どの娯楽もマンネリ化してしまいます。子どもや若年層の人にとって、田舎暮らしは退屈に感じやすいでしょう。田舎は自然のレジャーを楽しめますが、途中で飽きる可能性が高くなります。

賃金が低い

田舎暮らしは生活のコストを抑えられますが、賃金が低い傾向にあります。都会に比べて選べる仕事の数も少ないため、同じ賃金で働くことは困難です。農業や漁業など肉体労働の仕事に就ける地域はありますが、身体上の都合で働ける人とそうでない人に分かれます。田舎は仕事が限られる点を想定したうえで、生活を始めることが重要です。

田舎暮らしに向いている人・向いていない人

田舎暮らしは、自然の中で生活することが好き、もしくは地元住民とのつながりを望んでいる人におすすめです。レジャー施設や娯楽がなくても気にならない人や、自然の中で創意工夫を楽しめる人も向いています。

一方で、人間関係のわずらわしさや、不便な生活に耐えられない人は田舎暮らしに向いていません。地域のルールや独特の風習や、虫や動物の多さなど、田舎の環境に苦痛を感じやすくなるため避けた方がよいでしょう。

田舎暮らしの人間関係のコツ

田舎暮らしの人間関係のコツは、人間同士のつながりを大事にすることです。以下で、解説します。

プライバシーを守ろうとしない

田舎には都会とは違い、プライバシーの感覚が希薄な点が特徴です。お互いに協力しあう姿勢をもって接する文化があるため、庭や玄関には断りなく入ってきたり、プライベートなことを聞いてきたりもするでしょう。田舎は人間関係が狭いため、プライバシーはほとんどないと考えてください。うわさ話や評判などは、すぐに広まる可能性が高くなります。

地域コミュニティに参加する

田舎は地域コミュニティへの参加が必須になるでしょう。コミュニティの集まりやイベントは参加して、協力することが暗黙の了解になっている場合があります。田舎は仲間意識が強い地域が多いため、田舎独特のルールを守ることになります。人間関係を悪化させると、のけ者になる可能性もあるので注意が必要です。

田舎暮らしの仕事の現実

田舎暮らしの仕事は、人手不足の仕事が多くあります。以下で、仕事について解説します。

労働力が足りていない

田舎は、林業や漁業などの第一次産業、製造業や建設業などの第二次産業において、労働者不足が深刻な状態です。伝統産業も労働者が足りておらず、それぞれ募集しているところがあります。自治体による就農支援や林業就業支援、漁業就業支援などの制度を利用すると、研修や助成金支給を受けながら仕事ができます。ただし、田舎の賃金は低く、職種が限られている点に注意が必要です。

リモートワークができればおトクに住める

田舎は物価が低いため、住宅購入費や家賃が安く、都市部の住居費に比べてコストを削減できます。生活費を節約しながら仕事に集中できる環境が手に入るため、リモートワークができればお得に住めるでしょう。テレワーク移住支援補助金を出す地域もあり、移住するメリットが増える可能性もあります。

田舎暮らしを成功させるコツ

田舎暮らしを成功させるコツは、住む目的の明確化と事前の調査です。以下で、解説します。

田舎暮らしの目的を明確にする

田舎暮らしは自身の理想の生活を想像して、優先順位を明確にした後に移住することが重要です。移住は旅行とは違い生活を始めることになるため、なんとなく住み始めると不便に感じて、田舎暮らしを続けにくくなります。目的に合わせて予算や住む場所を決めて、現地での生活を具体的にイメージしておきましょう。

現地に行って物件の周辺をリサーチする

田舎暮らしは、インターネットで調べた情報のみでは不十分です。必ず現地を訪問して、自分の目でみて確認しましょう。住む予定の家の周辺施設や近隣の住民などを調査し、住みやすいかどうか判断することが重要です。田舎暮らしが不安な場合は賃貸暮らしから始めて、体験した後に移住することをおすすめします。

まとめ

田舎暮らしは、自然豊かな環境と人間同士のつながりを感じられるものです。ただし、交通の不便な点や地域の風習などに抵抗を感じる場合もあります。田舎暮らしはメリットとデメリットを比較して、十分に検討した上で始めましょう。

都会を出て田舎で0円生活はじめました』は、自給自足で暮らす家族の生活を描いたエッセイです。日々の生活からの気づきや学びを楽しく、おもしろおかしく描いています。田舎暮らしの実態をより詳しく知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

(画像提供:iStock.com/Shoko Shimabukuro)


都会を出て田舎で0円生活はじめました 田村余一、田村ゆに(著)

都会を出て田舎で0円生活はじめました

田村余一、田村ゆに(著)
定価:1,300円(税込1,430円)
詳しくはこちら
「ノブナカなんなん?」「真相報道 バンキシャ!」などで話題の“自給自足家族”、初めての著書!