Home > ニュース > その他お知らせ > 会社でメンタルを病んでしまう人の特徴 ベスト10

ニュース
新しい本や、フェアの情報をお知らせします

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS


会社でメンタルを病んでしまう人の特徴 ベスト10

書籍「もしも社畜ゾンビが『アウトプット大全』を読んだら」著者で精神科医の樺沢紫苑先生監修!
会社でメンタルを病んでしまう人の特徴 ベスト10を発表します。





















会社でメンタルを病みそうになったら、この本がおすすめ!



もしも社畜ゾンビが『アウトプット大全』を読んだら

仕事がうまくいかずに、社畜ゾンビになってしまった会社員「たける」の成長ストーリー!

シリーズ累計90万部突破!
『学びを結果に変えるアウトプット大全』の超実践的コミック

日本中にアウトプット旋風を巻き起こした
あの大ベストセラーが、ついに漫画化
完全オリジナルストーリーでパワーアップ

「初読み」の人も「おさらい」の人も
自分のアウトプットを見直したいすべての人へ

◎あらすじ
ラストはやさしい涙があふれる
ある社畜ソンビの成長物語

“もしかして、俺、ゾンビになっちゃった!?"
とあるIT企業に勤めていた主人公の外山健(とやまたける・28歳)は、自ら志願した「社内新規事業プロジェクト」の企画案が出せずに悩み続ける日々。
真面目な性格から自ら社畜的生活を送り、周囲からのプレッシャーに苛まれていた。そんな中、いつしか思考停止でモチベーションも湧かない「社畜ゾンビ」となってしまう。

出口が見えない中、ある清掃員に話しかけられる。「昨日はどんな一日でしたか?」。

その質問をきっかけに、自分のことを振り返り、言葉にできるようになっていく健。また別の日には「思ったことを書いてみて」とノートを渡される。不安、悩み……頭の中にあることを書き出していくうちに、あるアイデアが浮かぶ。早速会社に伝えようとすると、また清掃員があらわれ「背筋を伸ばし、胸を張って」話すように教えてくれる。
チームメンバーとの信頼関係も取り戻し、少しずつ前向きになってきた健だったが、今度は新規事業に予想外のトラブルが……!?
メンバーの離反がある中、「自分は何がしたいのか」と自問自答する。

はたして健は、プロジェクトを成功させることができるのか。もしくは挑戦をあきらめてしまうのか。そして、謎の清掃員の正体とは……!?
社畜ゾンビだった健が、アウトプットを通じて自分を取り戻し、人生を変えていくストーリー。
2022,03,22, Tuesday その他お知らせ
新着情報

RSS


サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
連載エッセイ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。