読むだけで学べる心理学コラム

2021年中にやっておくべき3つのこと

#読むだけで学べる心理学コラム

その3「紙に書き出す」

LINEの整理、物の断捨離が終わったら
最後にやることが紙に書き出すこと

 

紙に書くことは

 

・これから出会いたい人の性格や価値観
・欲しい物リスト
・実現させたい夢リスト

 

これらを書きましょう!

 

思うだけより、言葉にするほうが叶うし
言葉にするだけより、紙にも書いたほうが
実現率は更にアップします!

 

「こんな人と出会いたい!」ってのを
思うだけの人と紙に書く人だと
出会うスピードは個人差はありますが
3倍以上は違う
と僕はよく言っています。

 

実際に僕のセッションを受けてくださった方で
3年以上、理想の人と出会えないって言ってた人が
紙に書いてから「半年以内に出会った!」
などの報告をいただい方も数多くいます。

なぜ紙に書くと実現率がアップするかというと

エビングハウスの忘却曲線

というドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスの発表したもので、
無意味な音節を記憶し、時間と共にどれだけ忘れるかを数値化した忘却曲線というのがあり
エビングハウスの忘却曲線によると
人が何かを学んだ時、

 

20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる

 

というように、時間がたつほど忘れていくとのことなのです。
よって、こんな人に出会いたい!って頭で思っていても次の瞬間には
忘れていたりするためなので、紙に書いておくのです。

紙に書いたら、あとはそれを家で音読したり、いろんな人に言い続けたり
それを写真とって定期的に見たりすると、それが※潜在意識に入り、実現に近づくのです。

※潜在意識とは…人には意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)の2つあって
意識は平均3〜5%、無意識はなんと平均95〜97もあるのです!
よって、どれだけ意識しても、潜在意識に入らないと人の記憶に入らないのです。
暗記したら自然と考えなくても無意識に暗記したことをスラスラ言えるようになるのは
潜在意識に入っているからです。

 

潜在意識に入ると、無意識にあなたの求めている人や物を探すようになるし
求めている人や物を出会ったり、出会える場所があると直感で見つけられたりします!

わかりやすく言うと、潜在意識に入ったらあとは勝手にAIが探してくれる
って思ったら、最高じゃないですか!?

 

なのでメモをすることで実現率がアップするのです!

最高の2022年にするために…

スポーツの大会、試合前にはウォーミングアップをすることで
最高のパフォーマンスができるように

2022年を最高の1年にするために
試合前のウォーミングアップこそが
今回お伝えしたことになります。

2021年が終わるまで、あとわずか
残りの日数でぜひやってみてくださいね♫

 

(画像提供:iStock.com/nensuria/MStudioImages/evgenyatamanenko/Deepak Sethi/Gilitukha)

Instagramフォロワー6.1万人の心理カウンセラー上林亨さんに、すぐに日常で活かせて毎日がゴキゲンになる心理学を教えてもらいます。