イベントレポート

「四観」で最短自己分析!ゼロから始めるOnly Youビジネス/あっきー@akki_contents

#イベントレポート

コンテンツビジネス×自動化のプロ、あっきーによるOnly Youビジネス構築セミナー。ゼロから始めるためのテーマ設定、マネタイズのポイントや、「四観」による人間分析論で自分のビジネススタイルを見つける方法について語ります。

コンテンツビジネスとは

コンテンツビジネス×自動化のプロ

「あっきー」こと、保坂あきひろといいます。起業歴はフリーランスのときから数えると10年目になります。「コンテンツビジネス×自動化」のプロとして活動しています。物販ビジネスのスクールや飲食店のコンサル、アプリの開発など様々なビジネスをしているので、僕を知る方は僕と出会った時期によって違ったイメージを持っていると思いますが、そのすべてでコンテンツビジネスを使っています。

コンテンツビジネスとは?

コンテンツビジネスの“コンテンツ”とは、SNS、ブログ、YouTubeなど文章、動画、音声メディア全般のことです。ツイッターのつぶやきのひとつひとつも、YouTubeの動画も、ブログの記事ひとつもコンテンツです。そしてコンテンツビジネスとは、コンテンツを使って集客→教育→販売を行うビジネスです。コンテンツを使って自動化の仕組みをつくることもできます。

コンテンツビジネスでは、すでに発信されていて、商品も持っていて、実績もでているという場合の伸ばし方は、ある程度やり方が確立されているので簡単です。

けれども、やはり経験も実績もなく、特に発信するテーマも決まっていない、つまり自分のスタイルがないところから結果を出すのは難しい。ゼロから自分にあったビジネススタイルをつくるためには、自己理解と他者理解が必須です。今日はみなさんにそのやり方を学んでもらいたいと思います。

ビジネススタイルとビジネスモデル

ビジネスモデルという言葉はよく聞いたことがあると思います。これは僕の定義なのですが、集客→教育→販売ように、フロントエンドからバックエンドまでの導線を組んだ設計図みたいなものです。どうやって集客して、教育して、販売するかというのがビジネスモデルです。

それに対して、ビジネススタイルとは何か。自分の強み、才能、特性、キャラ、ライフスタイルを踏まえたビジネスのやり方=働き方のことです。これは「地雷屋さん」という方のあまり真似ができない事例になってしまいますが、この方はスキルが高いけれどとにかく動けないニート気質な方で、1年の9割はだらだら過ごして、残りの1割でコンサルをして稼いで自由に生きている。このやり方はビジネスモデルではなく、人の特性や生き方を活かした働き方なのでビジネススタイルです。