イベントレポート

あの人を永遠の推しにさせる。追わない恋愛テクニック/みうな(@miunarenai)

#イベントレポート

「また会いたいと思われるための努力」は「ファン作り」のことだった! 商店街生まれハロプロ育ち、物心ついたときからアイドルというみうなさんが培ってきた、初対面の男性をファンにさせるテクニックを伝授。いつも追いかける恋ばかりという悩みを解決します。

生まれながらのアイドル

両親から教わったこと

「どうして追いかける恋ばかりしてしまうんだろう」「どうでもいい男には好かれるのに、どうして好きな人には好かれないんだろう」……これは恋愛における永遠の悩みですよね。初めから、お互いに100対100で両想いということはなかなかありません。だから、みなさんよく悩んでいます。今日はこれを解決していきます。

最初に私の幼少期の頃のお話をさせてください。私は商店街のパン屋さんで育ちました。父は建築関係の事業をしていますが、父方の祖母がパン屋さんを営んでいたので、赤ちゃんの頃からお店にいました。お客さんに「可愛いわね」「抱っこさせて」と声を掛けられながら育ち、ここに私アイドルとしての原体験があるなと思いました。

両親から教育されてきたことが今回のテーマにすごく深く通じるのですが、みなさんは親からどんなことで怒られていましたか? うるさくしていたり、落ち着きがなかったりしたときに、「いい子にしていなさい」と怒られた経験がある方が多いのではないでしょうか?

私はちょっと違うんです。うちは商店街のパン屋さんだったので、いつも人目につくわけです。そして、「私の態度や表情」=「パン屋の評判」になります。だから、母から「人と目が合ったら笑いなさい」とか「表情に気をつけなさい」とよく言われていました。駄々をこねたり、ムスっとしていたりすると「あなた人前で何をしているの?」と怒られました。

また、「愛される伝え方をしなさい」とも教えられました。今でも覚えているくらいトラウマになっていることがあります。4〜5歳の頃、友達の家で喉が乾いたので「何か飲みたい。」と言ったんです。そうしたら家に帰ったときに、「喉が乾いちゃったから、お水もらえますか?」と言いなさいとすごく怒られました。

「まずは自分から与えよう」これは父の言葉です。相手から何をもらえるんだろうということを行動のモチベーションにしている人って案外多いです。私は自分にできることを考えて、いかに周りをハッピーにさせるかということを幼少期から教わっていました。

アイドルの英才教育

カントリー娘。として活動していた当時、モーニング娘。のコンサートに1曲だけ出演させてもらったことがありました。そのときに「カントリー娘。のコンサートには来ないようなお客さんを連れて帰ってきなさい」と言われました。これは結局、対人関係の全てに通じることで、マッチングアプリとかにもあてはまりますよね。初めて会ったときにファンにさせないと次につながりません。

アイドル時代、ファンにさせるために「人から見られる自分を意識しなさい」ということもすごく言われました。みなさんはぼんやりしているときの顔を自分で見たことがありますか。自分で見ると結構な衝撃を受けますよ。芸能活動をしているときはカメラのありなしに関わらず、身だしなみや話し方を含めて見られていることを意識しながら生活をしなさいと言われ続けました。

当時強く印象に残ったことがあります。コンサートのリハーサルでは、1階席、2階席とそれぞれの客席からどんな風に見えるのかを確認するんです。そのとき「この曲のダンスでは上を見て」と言われて、私は目線だけを上に向けていたんです。でも、3階席の人からしたらあごからぐっと顔を向けないと上を見ているように見えない。自分のイメージしている自分と見られている自分は全然違うということを実感しました。

また会いたいと思われるための努力=ファン作り

今日からみなアイドル

この経験から、「また会いたいと思われるための努力」は「ファン作り」のことではないかと気がつきました。推しに「今日来てくれる?」と誘われたら、ファンなら喜んで会いに行きますよね。セミナーの来場者数を増やしたり、YouTubeの再生回数を増やしたりすることなども同じです。それをみなさんにもやってもらえたらいいと思います。ですから、今日のセミナーに来てくれた人は今日からみなさんアイドルです。だまされたと思って、この説を頭にぱっと入れてみてください。

会いたいと思わせてから誘う

「また会いたいと思わせてから誘う」というのは、私が使っている方法です。恋愛相談でも「自分から誘えばいい」というアドバイスが多いですが「誘って断られたらどうしよう」と不安に思いますよね。でも、私には「自分のことを好きになってもらうにはどうしたらいいか」を常に考えながら言葉を選んだり行動したりする「ファン化」がベースにあるんです。またみんなに、会いたいなと思ってもらっている状態にしておくんです。

私は人と接するときに「この人の心を掴めているかな?」と常に考えています。気に入ってくれているな、ちょっと嫌われているかなと見極めながら対応を調整しています。そうしたら、自分のタイミングで誘う、誘わないを決めることができるから楽ですよね。誘ったら相手が絶対来るという状態を作るんです。

ファン作り=お客様の満足優先

ファンを作るということを分解すると、人とコミュニケーションをとるときに「お客様の満足を優先する」ということなんです。相手をお客様と考える。たいていの人はデートするとき「私は休日にこういうことをしています」などと、自分の話をして完結しがちです。でも、それはあまり意味がなくて、「相手が楽しい話はどういうことか」を考えて話すことが重要です。

私が本を読んだりしているのも、その一環です。「おすすめの本がありますか?」という質問にもすぐ答えられるように準備をしている。どうしたら誰かが困ったときや悩んだとき、元気がないときに勇気づけたり問題点をみつけてアドバイスたりできるか、常にそのスタンスで行動しています。

例えばデートをした後も「今日は楽しかったな」と振り返るのではなくて、「今日、相手は楽しんでくれたかな?」という反省会をします。そして、「今日のデートは何点だった?」と実際に相手に聞いてみます。相手がモテる人だとなおさらです。モテる人はすごく忙しいし、自分以外にも会う人の選択肢がたくさんあるなかで、自分を選んでくれているからです。「私はあなたの時間を大切に使えていましたか?」と聞きます。

相手が上手だと「俺も満足させてあげられた?」と逆に聞かれたりします。ちょうど私は先日そう聞かれたのですが、お互いに相手の満足度を考えて接していました。

相手が正直に答えない場合もあります。社交辞令で「楽しかったよ」と言われたり。でも、それだと次回はありません。感想そのものではなくて、リピート率=次につながったかで判断していきます。

他人の満足=自分の満足と考える

こんな話をしていると「人のことばかり考えていると自分が辛くならないですか」と心配されますが、私はそうは思わなくて、人を満足させることが自分の満足なんです。これは父からの影響なのかな、自然とそういう考えになっています。

でも、相手か自分のどちらか一方に偏るのではなくて、相手も楽しくて自分も楽しいということを考えていけばいいと思います。みんながハッピーになる。昔からよく言われている、自分良し、相手良し、社会良し。「三方良し」の考え方ですよね。誰も嫌な思いをしない、みんなが楽しいと思うことをしていけばいいのです。

「相手のために」と「相手の立場で」の違い

これは、私が22歳のときにつき合っていた彼氏の言葉です。その人は「相手のために考えることと、相手の立場で考えるって違うんだよ」と話してくれました。「相手のために」というと押し付けがましい。相手のためにせっかくクッキーを焼いたのに、食べてくれなかったら……怒ってしまいそうです。でも、相手はそのとき、クッキーを食べたくなかったのかもしれない。「相手のために考える」ということは、ちょっとお節介かもしれませんね。

周りが見えていなかったり、情緒が揺れたりというのは女性なら誰でもある話しなのですが、常に相手の立場で考えないといけません。例えば相手がお医者さんだったら、お医者さんの立場で考えたときに一番大事なのは患者さんのことですよね。「彼は人の命を救いたくて医者になっているんだ」と思うのが相手の立場を考えるということです。

これって訓練でもあります。仕事や住んでいる場所が違う相手の頭のなかを妄想してみる。私は常にそういうことばかり考えています。自分の考えというよりは、相手は今何を考えているのかを考えて言葉を発しています。だから自分の言葉のようで相手の言葉でもあります。基本的に自分以外の人に興味がありすぎるんですね。でも、人に対して興味があるからこそ、心も掴みやすいのだと思います。

ファン化のためにやっていること

ファン化のポイント

普段からニコニコと人当たりがいいのは普通です。そんななかで、ここぞという「ファン化」のポイントがあります。例えば、周りに反対されていることを肯定してあげる。あなたが「その彼やめなよ」と周りのみんなから言われているとします。そんななかでただ1人から「私はその彼いいと思うけどな」と言われたら、絶対にその友達のことを好きになると思いませんか。もちろん、本当に否定してあげたほうがいいケースもあります。そういうときは否定してあげるけれど、そうではないなら、ここで肯定してあげるとファンになりやすいです。

ねぎらいの言葉でファンになる。これもファン化のポイントです。褒めるということに近いですね。教育系Youtuberとかがよく使っているテクニックです。冒頭で「このチャンネルを見てくださっている方は“すごく勉強熱心な方”だと思うので」と言って褒めてくれたりします。

父から教えてもらったテクニックがあります。女性のお客様の子どもの名前を覚えていると喜んでもらえるそうです。特に女性は自分が大切にしている子どもやペットを褒めてあげるとファンになりやすいです。男性の場合は、その人が大切にしている価値観、特に仕事がおすすめです。

人は分かってもらいたい生き物

人は分かってもらえたと思うと嬉しい生き物です。そもそも自分の苦労なんて誰にも分かってもらえないと思っていますよね。男性にとっても「自分のことを分かってもらえた」という気持ち良さが毎回あることが大事なんです。そんな感動的な女性ってなかなかいませんが、感動的な女の人になれるんです。

そのためには、先程お伝えしたように、常に相手のためにではなくて相手の立場で考えて、相手の人の頭のなかを想像して、どういうことを言ったらこの人は喜んでくれるかな、満足してもらえるかなと考えます。この人はどういう人なんだろう、どういうことに最近興味があって、喜んだり悲しんだりするんだろうと分析するんです。

ネットショッピングをすると、おすすめ商品がどんどん表示されますよね。これはAIがやってくれていますが、人間観察をしたら同じようなことが意外と分かります。そのバッグを持っている、この靴を履いているっていうことはあの服が好きなんじゃないかなとか。

そうして相手を分かろうとすることがすごく大事です。私はファンになる人の承認欲求が満たされるべきだと思っています。そこを満たしてあげるとファンになって、また会いたくなっていくのです。

【上級者向け】初対面では期待値を下げよう

これは上級者向けのテクニックですが、初対面で期待値を上げないようにしています。

上の図はファン化曲線です。スタートが低くて、この図でいう右肩上がりにどんどん上がっていくとファンになるんです。逆に最初が高いと右肩下がりにしかなりません。冷められちゃう人はこっちの曲線を辿っている。初対面で期待値を下げておけば、知れば知るほど好きになります。彼女の知らない一面が見られたらぴょんと上がったりします。見た目で選ぶ男性の場合は特に、期待値が高くてそこからひゅーっと落ちてしまうというパターンになりがちです。

だからわざと、最初は「何コイツ」と思わせるんです。なぜかというと、人って多すぎるから。テレビの世界やTwitterなど発信の世界でも人が多すぎて、当たり障りのないいい人だと埋もれてしまうんです。最初から好かれるとか嫌われるとかはどうでもいい。記憶に残ることを大事にしています。それをクリアしたら、好きか嫌いかの感情はコントロール自在だと思っています。

人から嫌われるってマイナスに思われがちですが、印象に残らない方が案外マイナスです。どうせなら最初は嫌われるくらい個性がある方がいいです。

これは高度なテクニックです。私は常に人に好かれようと思って行動しているからできることだと思っています。

私の実践的な恋愛論については前回のセミナーで語っています。よかったら参考にしてみてくださいね。

前回のセミナー動画
https://www.sanctuarybooks.jp/event_doga_shop/detail.html?id=75

前回のセミナーレポート
https://sanctuarybooks.jp/webmag/20191115-3442.html


みうなさんのイベント動画が視聴できます。
https://www.sanctuarybooks.jp/event_doga_shop/detail.html?id=213




斎藤美海(さいとうみうな)

元カントリー娘。ハロプロ卒業後は、セラピスト、コラムニスト、現在はYouTuberとしても活動。All About、4MEEE、feliceにて恋愛コラムを掲載実績あり。

複雑な恋愛関係になっている方の相談に乗るのが得意で、2018年頃から女性を対象にしたDM恋愛カウンセリングも行なっている。