牛丼、ハンバーガー、クロワッサン……。「おいしい!」には理由があった。/食べもの断面協会

食べもの断面協会と申しまして、食の断面を研究しております。
何気なく食べている日々の食事。その断面を観察したことはありますか?
えっ? そんなに暇じゃない?
まあ、そんなこと言わずに。断面という小宇宙からはおいしさのヒミツが見えるのです!

 

①ハンバーガー

ハンバーガーの中身、
まじまじと観察したことありますか?
どんなふうになっているのか知りたくて
リアルガチのアメリカンなハンバーガーを
大解剖してみました!

 

 

たくさんの具材をいっしょに食べるから
抜群のハーモニーを奏でるハンバーガー。
黄身と肉汁がバンズにしみ込んでますね〜。
うまみを吸収している証拠です。
ちょっと時間が経って
しなっとしたハンバーガーのあじわいもたまりません!

同じ具材でも、重ねる順番で味が変化するんです。
口に入れたとき
最初に舌に触れる下の層に肉を入れると
ガツンとジューシーな印象に。
逆に野菜を下、肉を上にすると
あっさりしたあじわいになりますよ。

②牛丼

お次は、今ではすっかり国民食の牛丼。
大手牛丼チェーンの牛丼を断面にしてみたら……

どんぶりの底につゆがたっぷり!
だから最後までおいしいのですね。
ちなみにお家で牛丼を作るときは、
脂多めの切り落とし肉を買ってみてください。
脂が多いと、煮込んでも硬くなりにくい性質があるんです。
お店の味が再現できますよ。

 

③クロワッサン

そして最後はクロワッサン!
この断面はお店によってそれぞれで
パン職人のこだわりが見えてきます。

細かい層から、ざっくりした層までいろいろありますね。
いちばん左のクロワッサンは細かい層の代表。
パイというよりもふわふわした感じ。
左から2番目の粗い層は、
パイ感が強く、サクサクした感じです。
そしていちばん右のクロワッサンは
なんとコンビニの商品。
まったくわかりませんね(笑)。

ちなみにクロワッサンには
「三日月型」と「ひし型」がありますが
その違いを知っていますか?

バターを使用して作られたのがひし型で、
マーガリンを使用したのが三日月型なんですって。
昔は熟練の職人しか作れない高級品でしたが
現在は機械化が進み、気軽なものとなったために、
ひし型が主流です。

ちなみに層が半透明のクロワッサンは
バターがたっぷり入っている証拠です。
ぜひクロワッサンの断面を観察してみてください!

こんなふうに、
新刊『ヒミツがまる見え!「おいしい!」の断面』では
おいしさのヒミツをたくさん紹介しています!
毎日食べるあれこれや、大好物のメニューが
もっとおいしく、あじわい深く感じられるはず。
食べることが大好きなあの人へのプレゼントにもぴったりです。

 

(画像提供:iStock.com/ValdisO)

この記事は、”ヒミツがまる見え! 「おいしい!」の断面” TDK(食べもの断面協会)(著)の新刊コラムです。


TDK(食べもの断面協会)(著) ヒミツがまる見え! 「おいしい!」の断面

ヒミツがまる見え! 「おいしい!」の断面

TDK(食べもの断面協会)(著)
1,200円+税
詳しくはこちら
喫茶店で食べるなつかしい「ナポリタン」。
みんな大好き「カレーライス」。
なぜか無性に食べたくなる「カップ麺」。
口に入れたとたんに「おいしい! 」と感じる幸せな味たち。
その味のヒミツに迫るべく、みんなが愛するメニューや食材をまっぷたつに切ってみました!
だから、うまい!