稼げるブログはこう作る! 勝ち組テク、公開します/えのやん!×飯島一休

アフィリエイトをメインに年収1億円以上稼ぐ元バンドマンと、月間100万PVのブログを複数運営する20代ブロガーが、「稼げるブログ」を作る方法を惜しみなく公開。好きなことで稼ぎたい方、副業したい方、ブログ運営に行き詰まっている方、必見です。

月間100万PVを目指す3つの戦略 ~飯島一休~

①「準備」で成否は9割決まる

僕からは、初心者でも個人ブログで100万PVを目指す方法をお伝えします。僕は早稲田大学在学中にブログアフィリエイトと出会い、月収40万円稼げるようになったので大学を中退。そこからアフィリエイトと個人コンサルで年収1000万円以上を達成し、現在運営しているブログは合計で月間300万PVにのぼります。ちなみに名前は一休と書いて「かずよし」と読みます。

月間100万PVを目指す3つの戦略とは、「準備」「コンテンツ制作」「分析」。まずは「準備」ですが、練習を積み重ねるからこそ試合で勝てるスポーツと同じように、ブログの成否も準備段階で9割決まります。

ブログにおける準備とは、「自分が勝てるフィールドかどうか」「ジャンル内でトップを目指せるかどうか」を見極めること。実際にトップをとれなくてもいいのですが、とれる可能性があるかが大事。自分が今持っている知識、もしくは今から勉強しようとしている知識をもとにネタを考えます。

たとえば美容師なら、頭髪の専門ブログ。テニスコーチなら、テニスのハウツーブログ。古着好きなら、古着の専門ブログ。この3例はいずれも実際に成功しているものです。

僕はブログを始めた当初、芸能ネタなどを幅広く取り上げた雑記ブログを書いていました。いわゆるトレンドアフィリエイトと呼ばれるようなジャンルです。稼げる人は稼げるのですが、僕には合わなかった。あまり興味が持てないジャンルだったので、記事を書くのに毎回苦労し、結局1年ほどしか続きませんでした。

あるとき、そのブログの中で、自分の好きな漫画をネタにした記事を書いてみたことがあったんです。すると予想以上にアクセスが集まって、「これならトップを目指せるし、続けられる!」と思いました。以来、漫画の考察に特化したブログを書くようになり、現在はYouTuberとして『進撃の巨人』の考察なども配信しています。自分が情熱を注げるところでブログを作ることは、勝てるブログを作るうえでもっとも重要です。

②「コンテンツ制作」の2つのポイント

コンテンツの中でいちばん強いのは、世にないコンテンツ。具体的には、「需要に対して供給がないコンテンツ」と「オリジナルティのあるコンテンツ」です。

まずは「需要に対して供給がないコンテンツ」について。僕のYouTubeで自己最大の再生数を記録しているのは、『進撃の巨人』の最新話に対するオリジナルの考察を配信したものです。世に出たばかりの最新話なので、考察をアウトプットしている人はまだいないものの、それを知りたくて検索する人はたくさんいる。その状態が「需要に対して供給がない」状態です。

検索しても検索結果の上位1~20位くらいまでに該当サイトが表示されないキーワードは、記事化すると上位表示が見込めます。空いているキーワードを見つけるには、トレンドを意識すること。たとえば「仮想通貨」が流行った直後は、検索する人も急激に増えました。今は仮想通貨に関する記事は大量にありますが、仮想通貨の中でもマイナーなコインであればいけるかもしれません。『進撃の巨人』の最新話で新しい敵グループが出てきたときも、ブログに書いたらすぐに上位表示され、PVも伸びました。

次に「オリジナルティのあるコンテンツ」ですが、これはキーワードに対する回答=記事はあるものの、その形を変えることでオリジナリティを出すイメージ。「人が見ていない情報源で記事を書く」ことと、「記事をオリジナル化させる」ことがポイントです。

「人が見ていない情報源で記事を書く」とは、たとえば『進撃の巨人』のストーリーは読者ならみんな知っていますが、モチーフである北欧神話を語っている人はあまりいません。北欧神話の物語をもとにしながら漫画の内容を考察すれば、オリジナリティがぐっと増します。この際、ネット上だけで情報収集するとすでにみんなの目に触れているので、ネット以外の情報源から引っ張ってくるのがコツです。

「記事をオリジナル化させる」とは、たとえばオリジナルのランキングを作るのも方法のひとつ。「○○ランキング」という記事はPVをとりやすいですが、通常は記事作成者が勝手に決めたランキングを紹介しているだけで、信ぴょう性に欠けます。そこで、実際にアンケートをとったうえで、納得度の高いランキングを作るのです。クラウドワークスやランサーズなどのサイトを使えば、300人くらいの回答はすぐに集まります。

僕がこの方法でランキング記事を書くと、デイリー500ほどのアクセスが集まり、検索結果もだいたい上位3以内に入ります。世にないコンテンツを作れば、評価も高まる。創意工夫しながらそういうブログを作っていきましょう。

③書いて終わりではなく、「分析」する

ブログは書いて終わりではありません。数字を見て分析することが重要です。最低限見ておくべきものは、『Googleアナリティクス』というツールで調べられる「記事のアクセス数」と「記事の滞在時間」、『Googleサーチコンソール』というツールで調べられる「クエリ」(ユーザーがどんなキーワードで記事を検索したか)。

アクセスが集まった記事は、積極的に横展開します。たとえば、ある漫画の「最強キャラランキング」記事のアクセスが伸びているようなら、ほかの漫画でも「最強キャラランキング」記事を作る、というイメージです。僕のコンサル生の中にも、この手法で月間70万PVまで伸ばした人がいました。

また、記事の滞在時間も重要な指標。YouTubeの副社長は、YouTubeのアルゴリズムでもっとも評価しているのは「動画の視聴時間」だと言っていました。動画配信の競合がたくさんいる中で、ユーザーをなるべくYouTubeから離したくないと考えるのは自然です。それと同様に、Googleも検索エンジンを使っているユーザーを離したくないため、滞在時間の長いサイトを評価するのです。僕のブログの場合、評価されている記事は滞在時間がたいてい6分以上あるので、自分の中で「6分」という基準を作ってそれを目標にしています。

クエリは、ユーザーの検索キーワードを記事ごとにチェックすることができ、記事の改善に役立ちます。たとえば「最強キャラランキング」記事にアクセスしたユーザーが、記事内に載せていないキャラの名前で検索していた場合、自分の知りたい情報がないとわかればその記事からすぐに離れてしまいます。そこで、そのキャラの名前や情報を記事に追加し、より長く滞在してもらえるように改善するというわけです。

ブログ運営は「分析」→「改善」→「アクション」の繰り返し。PDCAサイクルをまわしながら、よりよいブログへとアップデートしていきましょう。

最後に、ブログを始めるならぜひとも「結果にこだわってほしい」と思います。人間のモチベーションはそんなに長く続きません。継続させるには「結果」が必要です。とくに僕は飽き性なので、結果が出なければすぐに飽きてしまいます(笑)。早くに結果が出れば、その後も長く楽しく続けられるので、まずは結果を出すスピード感を意識して運営してみてください。

副業でも月収100万円を達成する思考とやり方 ~えのやん!~

人脈もお金もなかった人生が7年で激変

僕はもともとビジュアル系バンドマンで、25歳から3年半サラリーマンをしていました。その頃に始めたサイトアフィリエイトで月収100万円を達成したので独立し、その年に月商3000万円・利益1200万円を達成。アフィリエイトでの利益が200万円、仲間と始めたコンサルティングサービスでの利益が1000万円ほどでした。

2017年度には年収1億円を突破。現在では個人や上場企業のコンサルティングをはじめ、美容系通販会社、情報サイト『EnoLoG』の運営、ブロガーが集うバー『ブロバー』への出資、YouTubeチャンネル『ミルルちゃんTV』の運営などを手がけています。YouTubeは10チャンネルくらい運営していますが、毎日トータルで100万再生ほどあり、YouTube事業だけでも月1000万円を超えそうです。

まずお伝えしたいのは、アフィリエイトやブログはオワコンではないということ。僕が参入したときは「後発組は稼げない」と言われました。でも、人脈もお金もなかった僕の人生が7年で激変するくらい、実際には成功できました。市場データを見ても、動画広告・スマートフォン広告・EC物販の市場規模はいずれも右肩上がりに伸びています。

今の僕の直近の目標は、37歳まで働いて引退すること。僕が25歳で中途入社した会社では休みが全然なくて、「働いている時間が当たり前」という状況に疑問を抱いていました。そんなとき、本田健さんの『幸せな小金持ちへの8つのステップ』(2006年/サンマーク出版)に「月3回しか働かない」と書かれていたことに衝撃を受け、そこから「短期間で稼ぎきってやりたいことをやろう」と決心したんです。僕のやりたいこととは、家族や大切な人と楽しく過ごすこと。今は引退に向けて、資産を今後いかに活用していくかファイナンシャルプランナーに計画を立ててもらっているところです。

お金の魔力は凄まじいもの。数字を追うだけでなく、「どう生きたいか」「死ぬときにどうありたいか」といった叶えたいライフスタイルを明確にしておかなければ、いくら稼いでも幸せにはなれないと感じています。ぜひ、目的意識の明確化を忘れないようにしてください。

副業時間を捻出する8つの方法

副業で結果を出すには、「継続できる」「需要がある」「時間を捻出する」ことが重要です。なかでも「時間がなかなかとれない」という声をよく聞きますが、そんなことは絶対にありません。たとえば現代人はスマホを1日平均2.5時間見ていますから、それを削るだけでも時間は捻出できます。

僕が事業を始めた当初に意識していた方法をご紹介すると……

「睡眠時間を削る」というのは、短い時間でも疲れがとれるように睡眠の質を向上させること。アロマ、ヒーリング音楽、自分に合った枕やマットレスを使うなどの方法が効果的です。「環境を整える」とは、みかん箱でパソコン作業……なんてことはやめて、疲れにくい机や椅子などをそろえるということ。僕の会社ではハーマンミラーのセトゥーチェアを使っています。

「家族の理解を得る」ためには、自分がなんのためにそれをやるのかをきちんと話すことが大切。理解して応援してもらえたほうが時間を捻出でき、気持ちよく効率的に取り組むことができます。これらすべてをいきなり導入するのは大変かもしれないので、できることから始めてみることをおすすめします。

僕が副業で月100万円を稼いだ方法

ブログで稼ぐうえでの考え方のポイントは2つ。1つは「稼げるネタで毎日渾身の記事を書く」こと。僕のおすすめのジャンルは「ガジェット系」と「投資・資産運用系」。とくに投資・資産運用系は、読者でいちばんパイが多いのは初心者です。専門知識がなくても、自分が勉強する過程を記事にしたり、実際に口座開設をした際にわからなかったところを記事にしたりするのもアリです。

もう1つは「独学でやらない」こと。オンラインコミュニティや個別コンサルを活用して、効率的にノウハウを習得しましょう。人生でいちばん大切なものは命、つまり時間です。お金を払って時間を短縮できるなら払うべき。お金を稼ぎたいのであれば「使う」ことに躊躇しないでください。

ブログやコンテンツ作りの具体的なコツは飯島くんが紹介してくれたので、ここでは僕が実際に副業で月100万円を達成した方法をご紹介します。

最初に作ったのはパズドラの攻略サイト。伸びそうな感触があったので、細かいキーワードを狙うサイトを横展開させ、全部で10サイト作りました。たとえば「シリアルコード」に特化したサイトを作って記事を載せ、1日2万PVを突破。稼げるキーワードやネタが見つかったら、検索結果の1~10位までを自分のサイトで埋めるくらいの意識で横展開していくことがポイントです。

ゲームをする時間がもったいなかったので、僕自身はゲームをやらず、詳しい同僚たちから情報を集めることに専念。これでサイト構築や記事作成に時間をかけることができました。

アフィリエイトはGoogleアドセンスではなくポイントサイト。アドセンスは翌日振込で資金繰りしやすいなどのメリットがありますが、僕はASPのほうが稼げると思っています。SEOだけやっていた頃、アフィリエイトでの収益1000万円のうちアドセンスは15万円程度でした。

また、当時参加したセミナーで「月100万円稼ぐ!」と宣言したことも大きかったと思います。1000万円のときも人前で宣言して達成しました。脳に刷り込むというか、覚悟を決めるためにも、人前でぜひ公言してみてください。

ビジネスは数字のかけ算でしかないので、行動すべきことをスケジュールから逆算して常に把握するようにしていました。サイトの効果も常にチェックし、「1記事書いてアクセス数とコンバージョン率がこれくらいなら、アクセス数をこれくらい増やせばいくら稼げる」といったように現状と目標を明確化して取り組んでいました。

人生は楽しく豊かに!

理想のライフスタイルの実現に向けて、人生を楽しく豊かにするために、僕が心がけていることは7つあります。

まずは「感情を大事にする」。心が動くようなワクワクする感情がないと、強く行動することができないからです。2017~2018年は、収益は伸びているもののビジネスで裏切られるなど苦しい年でした。でも、ほしかった車を新車で買おうと思えた瞬間にワクワクを取り戻し、仕事のモチベーション的にもプラスに働いて、2週間で1500万円の利益を計上。新車代がほぼプラマイゼロになりました。

次に「1.3.5.10年後の人生をマインドマップにする」。単にほしいものを挙げるのではなく、どんな生活ができれば心が豊かになるかを考えて作成しています。「欲望は目に見える位置に貼っておく」ことも大切。これはバンドマンだった20代の頃からやっていました。

あとは「仲間を作る」。昨日もビジネス関係の人たちと一緒に飲んでいましたが、いろんなビジネスの話ができて楽しいですし、学びや刺激にもなります。「身近な人になぜやるのかを宣言する」「応援してくれる味方を作る」ことも、先ほど時間捻出方法のところでお伝えしたように大切にしているポイントです。

そして最後に「毎日寝る前に生きていることに感謝する」。地球の裏側では今も多くの命が失われています。自分の命に感謝することで、生きている意味を感じたり、時間をもっと大切にしようと思えるんです。お金を稼げるようになって選択肢が広がると、幸せの幅も広がります。高級な料理を食べても「やっぱりあのファミレスのメニューが好きだな」というように、自分の幸せの価値観が明確になり、小さなことにも幸せを感じられるようになる。そこに気づけたことが、ビジネスで成功していちばんよかったことかもしれません。

(画像提供:iStock.com/AleksandarGeorgiev)

えのやん!(榎原佑太)

元ビジュアル系バンドマンで貯金12万から、気合いと根性でのし上がった起業家。

サラリーマン時代に始めたサイトアフィリエイトで月収100万を達成し、独立。
独立してからいくつもの事業を立ち上げマーケティング全般を得意とし、現在は美容通販会社も設立。

自社での実績はもちろんだが、アフィリエイトやネットビジネス全般のコンサルティングで述べ2000名以上を指導し、月収1000万以上を5名輩出、100万以上となると100名近くの人数を輩出。

個人のみにかかわらず上場企業のコンサルティングなども実施中。

2019年現在、個人資産がある程度潤ったため、リタイアに向けて準備中。
最近は双子が生まれたこともあり、子供たちと共に過ごす日々を楽しんでおり、Oisixやヨシケイなどの宅配食品を上手に活用しながら家事も楽しんでいる。
今後の目標は家の近くに唐揚げ居酒屋を創り、のんびり家族と過ごすこと。



飯島一休

早稲田大学に入学後、留年中にブログアフィリエイトに出会いそこからアフィリエイトに没頭。
在学中に月収40万円稼ぐことができるようになったので、大学を中退しアフィリエイトに専念し、アフィリエイト&個人コンサルで年収1,000万円を達成し法人化を達成。
PVを集めてアドセンスで稼ぐことが得意で、最高で月間100万PVを集めるブログを複数作成している。
コンサル実績は月収100万超えが数名、月収10万円以上稼げるようになった人は30名を超える。
個人の稼ぎ方を追求し、個人が稼ぐ方法を情報発信している。


サンクチュアリ出版に遊びにきませんか?
サンクチュアリ出版では
毎日、楽しすぎるイベントを開催しています!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/