56歳バツイチの私が、独身外国人男性89人から誘われたワケ/瀬尾洋子

56歳のバツイチ女性が、たった3日のうちに、30〜40代の外国人男性89人からデートに誘われた……? 高確率で出会えるマッチングアプリ「OkCupid」の活用法から、婚活の最新事情まで、デートのお誘いが止まらなくなる極意を教えます。

日本人女性にオススメしたい、外国人男性とのお付き合い

外国人男性と付き合うメリットとは?

40歳を過ぎると、女性としての魅力はなくなってしまうのでしょうか。
私は仕事で男性と接する機会も多いのですが、彼らは20代、30代といった若い女性の話ばかりします。これって、とても嫌な感じだと思いませんか? 私はこうした状況に、「ちょっと違うのではないか」と違和感を持っています。

というのも、外国人とお話をすると、そんな状況に陥ることはないからです。彼らはむしろ、年上の女性が好き。実際に私も、多くの20代、30代の外国人男性からアプローチを受けています。私は50代ですが、今コンタクト取っている人のほとんどは30代、40代です。

外国人男性と付き合うメリットとは、いったい何でしょうか。
まずは「レディファースト」。外国では、車を降りたらドアを開けてもらうのが当たり前。建物のドアも開けてもらいます。昔、留学から日本に帰国したとき、待っていても誰も開けてくれないので驚きました。外国人男性は全部やってくれるので、女性は楽です。クイーン気分になれます。

それから「異文化を知ることができる」というのもあります。普段過ごしていると、自分たちの文化がどのようなものであるかをいちいち意識しませんが、外国人と付き合うと、自分が日本人であることをいやでも意識することになります。ただし、文化の違いを「おもしろい」と思えているうちはいいけれど、あまりにも違うと疲れてしまうこともあります。

語学が上達する」というメリットもありますね。ただし、これはどちらか一方に偏ります。たとえば、日本語が上手な彼だと、彼の日本語はどんどん上手になりますが、女性側の英語力はそのままになります。ですから、相手を選ぶのは重要です。コミュニケーションを図るうえで言葉はとても大切ですから、どちらかが語学に磨きをかけておかないと、大変な思いをする印象があります。

もちろん、お互いに全然話せなくても、うまくいっているカップルもいますから、なんとも言えません。また、語学力上達が「目的」になってしまうと、相手が「利用されている」と気づいて、ダメになるケースも多いです。

それから、特に西洋の方の場合、彼らは「YES/NO」がはっきりしているのでわかりやすいという特徴があります。彼らは「察してくれる」ことはないので、伝えたいことははっきり言わないと伝わりません。グレーゾーンはないのです。

マッチングアプリを使っていてびっくりしたのが、会話を進めていくと「あなた自身は何がほしいのか」「これから先の人生で、何を掴んでいきたいのか」といった内容の質問を必ずされること。

マッチングが成功すると、リスクは抑えてお付き合いしたいと思うもの。でも、相手は必ず「僕との関係は、どのぐらいまでを望んでいますか?」と質問してきます。
たとえば、相手が結婚まで考えている場合、こちらが「友達でいい」場合は成立しません。相手と自分のほしいもの、それぞれの期待値が同じでないと、いい関係は築けないのです。

マッチングアプリを使っていると、相手がはっきりしている分、自分自身のことがわかるようになります。これは、自分を見つめ直すのにもいい機会だと言えます。メリットはたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

外国人男性と、どこで出会う?

昔は対面が主流、今は「マッチングアプリ」

日本人女性と外国人男性のカップルの事例は、本当にたくさんあります。
私は英会話教室を30年やっていますが、男性外国人講師の奥さんはもれなく日本人です。生徒さんの中には、外国人のCAさんに機内で告白して結婚した方もいます。私の学生時代の同級生にも多いし、珍しいことではありません。

それではいったい、どこで外国人男性と出会えるのでしょうか。
私の場合をご紹介すると、留学先の交換学生の集まりだとか、ホストファミリーや友達の紹介、ボランティアなど。飛行機の中で「どこから来たんですか?」と隣の人に話しかけることもあります。

あとは道案内ですね。私は一度、東京駅から成田空港に行くというスウェーデン人を案内して一緒に電車に乗ったら、1時間ぐらい話をしている間に、なぜかプロポーズされたことがあります(笑)。
メールがない時代だったので、その後は手紙攻勢だったのですが、パッションがすごかったですね。後日、再度来日してプロポーズしてくれましたが、仕事でアフリカに赴任すると聞いてお断りしてしまいました。

このように、昔は基本的に対面でしたが、今はもっと簡単に出会うことができるツールがあります。マッチングアプリ、つまり「出会い系」です。さまざまなサービスがあり、私も一通り使ってみたので、その違いをお伝えします。

私の経験上ですが、「Tinder (ティンダー)」は当たりはずれが激しく、変な人も多いので、あまりおすすめしません。「Omiai (オミアイ)」はFacebookから入れるのがポイント。私の知り合いはこれで結婚しました。「Bumble (バンブル)」は、一通りやりましたが、あまり出会いはありませんでした。

「International cupid (インターナショナル・キューピッド)」は、入っている人が微妙かも。「Coffee and Bagle (コーヒー・アンド・ベーグル)」は反応があまりよくなく、使う側がかなりがんばらないといけません。「Match(マッチ)」はわりと好感触です。

高確率で出会える「OkCupid」

そして、私が今メインで使っているのが「OkCupid (オーケー・キューピッド)」です。これがいちばん安定している印象で、会費がリーズナブルなのも好ポイントです。

「OkCupid」をおすすめする理由は、まず出会える確率が高いこと。日本人女性なら、メッセージがこないことはありません。私の知り合いにも、これを使って結婚した人が3人ぐらいいます。必ず毎日メッセージがくるので、「常に誰かが自分のことを見てくれている」という実感があります。

そして、真面目な人が多いこと。 さらに、質問に答えることで「自分がどういう人間か」という詳細なプロフィールを簡単に作成できるので、自分に合った相手が見つかりやすいのもポイントです。

操作は非常に簡単です。スマホで操作ができるので、思い立ったらすぐメッセージが来ていること、つまり、自分のことを好きな人がいることを確認できます。

相手の画面が出たら、YESかNOでスワイプしていくだけ。写真とプロフィールを見てどんどん判断していきます。マッチング度は、同じような考え方や価値観だと高くなるのですが、私の場合はだいたい75以上の人をOKにしています。それから見た目。やっぱりイケメンがいいですよね(笑)。あとは身長と居住地ぐらいでしょうか。

56歳バツイチの私でも、この「OkCupid」を利用したところ、3日間で89人からデートに誘われ、1週間で5人とデートをし、そのうち2人からプロポーズされました。

やり取りは正直に、ダメならスパッと断る

お相手の方との実際のやり取りは、こんな感じです。

簡単なあいさつから始まって、私の場合は、すぐに「いつ合う?」と返すこともあります。どういう人か知らないで会うと怖い部分もあり、ある程度のやり取りも必要ですが、会える場合は会ったほうがいいと思っています。

ある程度会話が進むと、LINEのIDを交換し、そちらでやり取りをするようになるケースもあります。音声でコミュニケーションを取れるようになりますし、何よりスタンプがあるのが便利。いちいち英単語を書くのは面倒なので、なるべくLINEでやり取りする方向に持って行ったほうが楽ですね。

LINEを使うのはアジア圏の方が多いですね。ヨーロッパでは「Whatapp」というアプリがよく使われており、この2つがあればだいたいカバーできるでしょう。

上のやり取りのように、中には「独身ではないけれど大丈夫か?」といった打診をしてくる変な男性もいます。それをOKにしている女性もいるようですが、私は面倒なのは嫌。
「この人はマズイ」と感じたらすぐにブロックして、他の女性にもいかないよう、マッチングアプリの運営サイドにも通報するようにしています(笑)。

やり取りをするうえで大事なのは、「正直なほうがいい」ということ。「2回目で終わりそうだな」と感じながら2回会うぐらいなら、1回目でスパッと終わりにしたほうがいいです。

外国人に「プラトニック」という考えはありません。体の関係が持てるがどうかが重要であり、流れは必ずそちらに向かっていきます。初めからできないと思うような相手ならば、踏み込まないのがマナー。「何か違う」と思ったら早いうちに断りましょう。

出会う確率を上げたいなら、プロフィールが命

「日本人女性らしい」見た目と、「自立した」女性像

マッチングアプリで男性と出会うためには、プロフィールがとても大切です。先ほどご説明した通り、アプリでは、パッと見たときの印象で「YES/NO」を決められてしまいます。そこでNOなら出会いはありません。

まず写真ですが、長年、外国人男性と接する中で、おもしろいパターンがわかってきました。それは、日本人の私たちが「きれい、かっこいい」と思う顔と、外国人が惹かれる顔は違うということ。

日本人は、目が大きくて、二重で……と、「もともとの日本人顔じゃないもの」を求める傾向がありますが、外国人は違います。一重で凹凸のない顔、そして黒髪といった、「もともと日本人が持っているもの」を好むのです。外国人男性と日本人女性のカップルを見ると、「え、この人とこの人が?」みたいな組み合わせもけっこう多くありませんか?

もちろん外見も大切ですが、外国人男性は「中身重視」でもあります。日本だと、おとなしくてかわいくて、ちょっとおバカさんで、若くて、従順で、お酒を注いでくれて、いつも笑ってくれて……という女性が好まれがちですが、外国人の男性は、「そういう女性はつまらない」と言います。それよりも、価値観や話が合い、自分の意見を言ってくれる女性を好みます。

全体に、落ち着いている「大人の女性」を好む傾向にありますね。「漫画が描かれたTシャツ」を着ているような女性は、子どもっぽく思われます。自分の意見も言えて、少し強いぐらいの女性がいいようです。仕事もバリバリこなし、経済的にも男性に頼らないという自立した女性が好まれます。

ともあれ、いちばん初めは見た目が大切ですので、写真はいいものを使うこと。しっかりセットして撮ったものを1〜2枚に、スマホで撮ったようなごく普通の写真も1枚加えましょう。

自己紹介文は「自分が求めているもの」を明確に

次に大切なのが、自己紹介文です。自分が何を目的にしているのかをはっきりさせること。結婚したいのか、恋人までの関係なのか。結婚して落ち着きたいのか、落ち着きたくないけど彼がほしいのか。意外と自分でわかっていない人が多いので、よく考えてみましょう。

これは、「理想の男性が目の前に現れたとします。そのとき、あなたはどうしたいですか?」で考えてみましょう。自分の気持ちがわかったなら、あとは、嘘はつかず、カッコつけないで書くこと。「結婚したい」のなら、それを踏まえて紹介文を書くのです。

私は以前、自己紹介文に「パートナーと一緒に旅がしたい」と書いていたら、「明日から日本に行くんだけど、一緒に旅しよう」というメッセージがきたことがありました。そのときはまだ関係性が深まっていなかったので、お断りしたのですが……。
このように、やりたいことを書くと、それを本当に実現してくれる人が現れてしまうのがマッチングアプリ。ただ漫然と書いてはいけません。

紹介文には、全部本音を書きましょう。たとえば、私は「自分で会社を興した」ということも書いていますが、「そういう女性が嫌いな人もいるかもしれない」という思いからです。書いておけば、それを見て「いいな」と思う人がきますから、結果的に効率がいいと言えます。

こんな男にダマされるな! 要注意リスト

違和感を感じたらGoogle画像検索&即ブロック

アプリの中には、残念ながら変な人もいます。確率的に、軍人、医者、エンジニアは、まずいケースをよく聞くので要注意。イヤらしい写真送ってくる人ももちろんNGですね。「奥さんと死別」と書いて同情を買おうとするような人や、子どもの写真をわざわざ載せて「一緒に育ててくれませんか」と言う人もやめたほうがいいでしょう。

早い段階で「Hi,sexy」「Hi,babe」と呼びかけてくるようなチャラ男は、だいたい体目的です。あとは、超イケメンも思わずOKしてしまいたくなりますが、警戒したほうがいいと思います。

もし「おかしいな」と思ったら、Googleで画像検索をしましょう。その人が違う名前で出てきたりします。仲良くなってくると「事業が成功しているんだけど、少しだけお金が足りない。100万円ぐらい貸してほしい」などと言ってくる男性もいますが、そうなったら即ブロックしてください。詐欺師の報告サイトなどもあります。

出会う前に、まずは自分の望みと向き合うこと

登録したら、すぐにチャンスはやってくる

出会う前に、自分がどういうお付き合いをしたいのか、しっかり考えておきましょう。結婚までいきたいのか、恋多き女を貫くのか。アプリに登録したその日のうちにメッセージが来始めますので、チャンスをものにするためには、自分の理想像を明確にしておきましょう。

私も、実際にアプリを使ったり、デートしたりして感じたのが「意外と自分自身のことをわかっていなかったんだな」ということ。
プロフィールに「彼と海外旅行に行きたい」と書いたらすぐにチャンスがきたのに、「ちょっと待って、すぐには行けない。準備時間が必要」と尻込みしてしまった。自分は身軽に何でもできると思っていたのに、意外とそうではないということを思い知らされました。
自分が「いつ」「どうしたいのか」を、きちんと考えておくことが重要です。

ちなみに、「外国人男性との交際に興味はあるけれど、英語が不安」という方もいると思いますが、中学英語で十分です。56歳の私でもできたのですから、あなたもチャレンジしてみませんか。

(画像提供:iStock.com/Drazen_)

瀬尾洋子(せおようこ)

SAYES英会話 代表。 元々、恋愛に対して臆病で自分から声をかけることができなかった。 シンプルな英語を身につけたことで、オーストラリア、ドイツ、フランス、アメリカ、イギリス、シンガポールなど、のべ7人とグローバルな恋愛経験を持つ。 昨年の離婚をきっかけに、遊び半分で、ある海外の「出会い系アプリ」を使ってみたところ、たった3日で89人の年下の外国人男生からデートのお誘いを受け、1週間で2人からプロポーズされる。 これは、「多くの日本の独身女性のお役に立てるかもしれない!」と思い今回のセミナーの開催を決意する。 <瀬尾洋子の主な実績> ・一部上場企業にて15年間初心者を対象としたTOEIC講座や英会話講座を担当。 ・大学時代に第1回茨城県国際交流奨励賞を受賞。 ・フランス国立銀行にて副頭取の予定管理、融資関係書類作成を行う。 ・生徒が1カ月足らずで日系アメリカ人や帰国子女に間違えられる。 ・海外転勤直前の会社員をゼロの状態から8週間で英会話を習得させた。 ・生徒の会社役員の女性が1ヶ月で英語の契約書が読めるようになった。 ・自身の教室で開催したTOEIC講座では、3カ月で受講者6人全員が125点以上アップ。 ・2016年より始めた、日本橋を案内するボランティアガイドを100回以上開催(2018年4月現在)。

 


サンクチュアリ出版に遊びにきませんか?
サンクチュアリ出版では
毎日、楽しすぎるイベントを開催しています!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/


5 件のコメント

  • […] 今年のこの暑さなんとかならないんですかね…… 冷たい飲みものを取りすぎて、 体調を崩してしまいました^^;   こんちにちは。 SAYES英会話の井口です。   今年5月に開催されました、 瀬尾先生のセミナーが サンクチュアリ出版WEBマガジンの イベントレポートに掲載されました。   『どうやって56歳バツイチの私が、たった3日のうちに30代〜40代『独身イケメン』の外国人男性「89人」からデートのお誘いを受けることが出来たのか?そのヒミツは・・』   セミナー内容は、恋活英語。   1週間で定員の30名が埋まってしまい、 10席増席してもすぐに満席なってしまいました。   日本人よりも外国人の方がいいんですかね〜   ちょっと嫉妬ちゃいます 笑   イベントレポートはこちらから ↓  ↓  ↓ 56歳バツイチの私が、独身外国人男性89人から誘われたワケ/瀬尾洋子 […]