お金

少ない給料で貯金する方法とは?貯めるためのコツをわかりやすく解説

#お金

平均給与は変わらないなかでさまざまな物価が上がっており、どのように貯金するか悩む方は少なくないでしょう。本記事では給料が少ないながらも、貯金をしたいと考えている人に向けて解説します。貯金するための心構えや方法、コツなど解説しますので、貯金を増やすための参考にしてください。

少ない給料でも貯金を増やす3つの手順

少ない給料で貯金を増やすにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは3つの手順を紹介します。

1.明確な目標を立てる

まずは、いつまでにいくら貯めたいのか、現実的な数字を決めましょう。実現可能な金額にすることが大切です。そしてそれを月額当たりに換算し、目標の金額を出します。毎月の目標金額を貯められるよう努力し、数か月経ったのちに目標に対してズレがあれば、途中で見直すとよいでしょう。

2.どうやって貯めるのか決める

貯金するためには、収入が支出を上回る必要があります。そのためには少ない給料の中で支出を減らすのか、副業などで収入を増やすのか、具体的な方法を決めることが大切です。多くの方法がありますが、すぐに着手できるのは、支出を減らすことです。そのためには、固定費を下げるのがおすすめです。

3.短期的に頑張りすぎない

支出を大幅に減らし一気に貯金しようとするなど、最初から極端な節約をしても、長く続きません。長期的に貯金することが大切なので、ストレスを溜めないように気をつけましょう。毎月の目標金額を達成できた時には、食べたかったものを外食しに行ったり欲しかったものを購入したり、定期的に自分へのご褒美を用意するとよいでしょう。

少ない給料で貯金を増やす具体的な方法

前項では貯金を増やす手順を紹介しました。この項では、貯金を増やす具体的な方法を解説します。

固定費を削る

まずは定期的なまとまった出費となる、固定費を削ることを考えましょう。具体的には家が賃貸であれば安いところへの引っ越しを考えたり、携帯電話を格安SIMへと変更したりしましょう。または必要以上の保険料を払っていないか見直したり、可能であれば電気のアンペアを下げたりするなど確実にかかるお金を削減することで、毎月の支出を減らせます。

固定費は削減してしまえば、その後もずっと削減し続けられるというメリットがあります。

できるだけ外食を避け自炊する

お金が貯まらない人は外食しがちです。外食をすると安いお店でも1食1,000円ほどかかり、お酒を飲むとより大きな額になってしまいます。できるだけ自炊をし、さらにカレーなどまとめて作れるものを選べば、光熱費も抑えられます。

ただし時間と手間がかかるため、労働時間が長いなど忙しい人は無理をせず、まずは1日1食や週末だけでも自炊してみましょう。慣れてくれば少しずつ自炊の割合を増やすとより節約できます。

大きな支出は購入前に徹底して比較する

車や旅行、引っ越しなど、大きな出費が決まった場合には金額を徹底して比較しましょう。1つの事柄で、数万円やそれ以上の節約になります。また車の車検や保険料などは、早めに申し込むことで割引が適用されるものもあります。

事前に出費の予定が決まっている場合、前もって比較しておくと慌てることなく安いものを選べます。その際に必要な金額を試算し、必要なタイミングに間に合うよう貯金しておくことも重要です。

少ない給料だと浪費しないのが効果的

少ない給料で貯金をする場合、浪費をしないことが大切です。浪費を抑えるための方法を解説します。

財布の中身を一定額にする

財布にお金があると、気が大きくなり使ってしまいがちです。特に飲み会の後などお酒が絡むと、無意識のうちに浪費しやすくなるため注意が必要です。浪費を避けるために、毎月の生活費を1週間ごとに振り分けておき、財布の中には1週間ぶんのお金のみを入れるようにしましょう。もちろん現金がないからと、クレジットカードを使用してはいけません。

クレジットカードの使用は最低限に

クレジットカードはポイントが貯まるため、クレジットカードを使用して買い物する人は少なくありません。しかしポイントが貯まるからと無駄なものまで買ってしまいがちです。いくら使ったか把握するために、クレジットカードは最小限の枚数を保有するようにしましょう。また、ネットショッピングは手軽に購入できるため、無駄遣いには注意が必要です。