新刊のコラム

コミュニケーションが苦手な人が実践すべき対処法は?話し方のコツも解説

#新刊のコラム

コミュニケーションが苦手な人の特徴

コミュニケーションが苦手な人には、共通点があります。ここでは、コミュニケーションが苦手な人の特徴について解説します。

自分の話ばかりする

相手の話を聞かずに自分の話ばかりをしていると、相手の人はただ聞き役になるしかありません。コミュニケーションをとる際は、自分の話だけではなく相手の話を引き出すことも重要です。自分の話ばかりに夢中になってしまうと、「話していても楽しくない」と思われてしまうでしょう。

お互いが相手のことを考えた言葉のキャッチボールを行うことで、お互い満足のいくコミュニケーションがとれるのです。

相手の目を見て話すのが苦手

コミュニケーションに苦手意識がある場合、相手と視線を合わせるのを避けてしまいがちです。会話をする際にアイコンタクトを避けていると、自信がない人や不誠実な人だと判断されるなど、ネガティブな印象をもたれる可能性があります。アイコンタクトをとることは、コミュニケーションをする上で大切です。

自分から話しかけるのが苦手

コミュニケーションが苦手な人は「自分から話しかけたら嫌がられるのではないか」「相手から嫌われているのではないか」と、ネガティブな感情をもつ傾向にあります。自分から話しかけるとなると緊張するため、つい相手を避けてしまいがちです。しかし受け身のままでは、相手と良好な関係を築けません。何気ない一言から相手と接してみましょう。

相手の反応を気にし過ぎる

コミュニケーションに自信がないと、相手の反応を気にし過ぎる傾向があります。「相手にどう思われるのか」「変なことを言っていないか」などと過剰に意識しすぎると、自分の本音を伝えられなくなります。結果的に当たり障りのない会話しかできないため、相手と関係を深められません。最初の一歩を踏み出したあとは、徐々に会話する機会を増やしてコミュニケーションに慣れていきましょう。

話の内容を整理するのが苦手

話の内容を整理するのが苦手なのも、コミュニケーションが苦手な人の特徴の一つです。質問した内容にそぐわない回答をしたり、時系列に沿って話ができなかったりすると、相手に伝えたいことを理解してもらえません。話の内容を整理しないまま話し出すと相手に伝わりにくくなるので、注意しましょう。

コミュニケーションが苦手な自分を克服するメリット

コミュニケーションの苦手意識を克服できたら、さまざまなメリットが得られます。ここでは、コミュニケーションが苦手な自分を克服するメリットについて解説します。

相手との信頼関係を構築しやすくなる

円滑にコミュニケーションがとれたら、相手との信頼関係を築けるようになります。会話を通して相手を理解することはもちろん、お互いの気持ちを理解し合えるためです。相手からの信頼を得られれば、気軽に話しかけてもらえたり共通の話題が増えたりと、これまでよりも楽にコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

情報を正しく伝えられる

自分の言いたいことを正確に伝えられるかは、コミュニケーションをとる上で重要です。特にビジネスシーンでは、「情報を正しく伝える」だけではなく、「情報が正しく伝わる」ということが求められます。情報伝達ミスによって、問題が生じることもあるため注意しましょう。

周囲からの協力を得られる

コミュニケーション能力が高いと、人間関係が円滑になり周囲から協力してもらいやすくなります。特にビジネスシーンでは、所属するチームやグループなどの組織が活性化し、チームワークが高まります。人間関係がうまくいくとストレスも感じにくくなり、働きやすい環境になります。