新刊のコラム

これからの時代の「本当に快適」な家づくり

#新刊のコラム

かつて和室やバルコニーが主流だった日本の家ですが、時代と共に変化し、優先順位はどんどん変わっていきます。今の時代に合った、快適な家とは何か?一級建築士、人気YouTuberげげさん著者の新刊『後悔しない家づくりのすべて』よりご紹介します。

2020年からの住宅の在り方

2020年からのコロナ禍によって、住宅のあり方が大きく変わったのは間違いありません。きっとこれまではなかった新たな間取りの形が普及していくはずです。
アフターコロナにおいて住宅に影響を与える要因としては、仕事の「リモート化」、家にいながら仕事をする「職住融合」、人が都会から地方へと移り住む「地方移住」の3つがあると考えます。
そして住宅の間取りも、それに合わせて形を変えていくはずです。
具体的にどのような間取りが増えるか。まずリモート化に対応すべく、書斎やデスクスペースをつくる人が増えています。フリーランスの方々も増え、自宅にオフィスを設ける人や、家内でカフェやショップを営む人も出てくると思います。今後も、「家でできることは家でやる」「非効率な移動はしない」「都心に住むメリットが少なくなる」傾向は続くでしょう。

テレワークが捗る部屋づくりとは?

上記で説明した通り、現代でもはや欠かせない仕事の手段になりつつあるのが、テレワークです。テレワーク化はインターネット時代の世界的な潮流であり、コロナ終息後も確実に残り続けるでしょう。
「テレワークのスペースはいらない」という人も、転職や部署移動、打ち合わせの形の変化、子どもの教育環境の変化など、いつ状況が変わって必要になるかわかりません。これから家づくりをする人は、最低1ヵ所は用意するのがおすすめです。

快適かつ集中できるデスク配置

おすすめは、窓に対して垂直方向にデスクを配置する「アイランド型」。ある程度のスペースは必要ですが、圧迫感がなく、ほどよい自然光が横から入って目が疲れづらくなり、カメラ映りもいいです。ちなみにデスクの背後に窓がくると、逆光でウェブ会議などがしづらいため、背後には壁か収納がくる配置がいいでしょう。

座りすぎない環境をつくる

在宅ワークが増えると、外で体を動かす機会が減り、運動不足にもなりがちです。椅子に長時間「座りっぱなし」でいるほど心身に悪影響が出て、がんをはじめとした重篤な病気にかかるリスクが上がることが研究で明らかになっています。そこでおすすめなのがスタンディングデスクの設置です。
マウントサイナイ医科大学の研究で、高さ調整ができる(座り立ち)できるデスクを使用したグループで、健康や生産性に関するポイントがアップしたという研究結果も出ています。
私は高さが自動で変えられるデスクを使っており、1時間座りっぱなしが続くとアラームが鳴り、そこで机の高さを上げて立って仕事をするようにしています。そうすることで、作業に集中するあまり、座りっぱなしの時間が長くなってしまうことを防いでいます。
ストレスを減らすには、窓を設けたり、家のさまざまなところに作業できるスペースをとったりして、気分転換が行える環境をあらかじめ用意しておくといいと思います。

再配達の撲滅に役立つ「宅配ボックス」

コロナ禍により注目されるようになった、宅配ボックス。対面の必要なく荷物を受けとれるのに加え、留守でも荷物を置いていってもらえるなど、さまざまなメリットがあります。現在「巣ごもり消費」が増加の一途を辿り、荷物を運ぶ宅配業界は人材不足に陥っています。そして、人手を要する大きな原因にもなっているのが、不在による再配達で、年間9万人もの労働力が無駄にかかっているといいます。
宅配ボックスにより再配達をなくせば、それだけで生産性が大きく改善され、宅配業界でもよりきめ細やかなサービスが行えます。
再配達の撲滅は、地球環境にもプラスに働きます。再配達のために走るトラックから排出される二酸化炭素は、およそ42万トンともいわれます。温室ガスである二酸化炭素の排出を抑えるのは、地球という「生き物の家」を守るため、私たちがやらなければならないことです。

太陽光発電は載せないと損

太陽光発電協会データによると、2019年時点で戸建住宅総数による太陽光発電の普及率は9%と年々右肩上がりで、今後さらに普及していくことが予想されます。私がおすすめする理由は、実は太陽光発電のリターンはかなり正確に計算でき、損をする可能性が極めて低いのです。太陽光発電で作った電力は、経済産業省が再生可能エネルギー普及の一環として行なっている「固定価格買取制度」により、10年間(10kW未満の場合)、同じ価格で国が買い取ることが保証されています。
住宅に太陽光パネルを載せる場合、だいたい4kWサイズの採用が多く、仮に導入コストを120万円としても、約10年で回収できる計算です。
そこからは無料で電気を使え、さらなる売電で利益もあがります。
お金以外にも、災害時にも電気が使えたり、地球環境にやさしかったりと、いくつものメリットがあります。一方のデメリットとしては、やはり初期設定がかさむのと、パネルの異常・施工不良などによる火災のリスクがわずかにあること。それを加味してもメリットのほうがはるかに大きいと、私は思います。

新刊『後悔しない家づくりのすべて』では、一級建築士YouTuberのげげが、これまでの多くの設計経験と、YouTubeに大量に寄せられる、家づくりに関する悩みや葛藤から見えてきた、「後悔しない家づくり」のポイントを紹介していきます。これから家を建てる人、いつか家を建たい人、単純に間取りを見るのが好きな人。これまでの「家づくりの常識」とは違った視点での提案がいくつもあり、おすすめの一冊です。

(画像提供:iStock.com/AndreyPopov)

この記事は、”後悔しない家づくりのすべて” げげ(著) の新刊コラムです。



後悔しない家づくりのすべて げげ(著)

後悔しない家づくりのすべて

げげ(著)
定価:1,700円(税込1,870円)
詳しくはこちら
家が欲しくなったらこの1冊
吹き抜け、和室、バルコニー……それ全部いりません。
ルールがわかれば、センスやお金が無くても迷わない。
人気の一級建築士YouTuberげげが、「住まいづくりの新常識」をやさしく解説します。