新刊のコラム

読み聞かせの効果とは|絵本の読み聞かせのコツと選び方解説

子育てが初めての場合、子供にどんな絵本を読み聞かせたらいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。この記事では、絵本の読み聞かせによって得られる効果、読み聞かせをする際のコツなどを解説します。おすすめの絵本も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

子供達と絵本の読み聞かせを楽しもう

子供に絵本を読み聞かせる際、子供が話を聞いてくれない、他の遊びをしてしまうといった状況はよくおこります。そんな時、どうしたら子供が絵本の読み聞かせを聞いてくれるのだろうと考え過ぎないようにしましょう。

読み聞かせは、親子で楽しめる時間となればよいです。子供が集中していないようなら中断するなど、その時の状況によって気楽に対応してあげましょう。

読み聞かせによって得られる7つの効果

子供達に読み聞かせをすることでどのような効果が得られるかを解説します。

親子で楽しめ、会話が広がる

絵本を子供に読み聞かせると、絵本の世界観を親子で共有できるため、親子間の会話が広がるきっかけになります。絵本を読み終えた後に、いっしょに絵本の感想を言い合うこともできます。時には、子供が思いもよらないことを考えていることに気づけることもあります。

語彙力が増える

絵本には、子供が普段の会話では使わない言葉がたくさん含まれています。知らない言葉を何度も耳にしているうちに、自然と語彙力が増えます。ただ言葉を覚えるだけでなく、絵本を通して言葉の使い方も学べます。

想像力が豊かになる

絵本を読み聞かせをする場合は、映像を見るのとは異なり、動かない絵を見ることになるので、物語の世界を自ら想像することとなります。じっくりと情景や登場人物の気持ちを想像させることで、子供の想像力は豊かになります。

感受性が豊かになる

読み聞かせをすることで子共は、登場人物の様々な感情の動きに触れたり、感情を読み取ったりし、感受性を豊かにさせていきます。絵本には、登場人物の喜び・悲しみ・恐怖・楽しさなどの感情が表現されています。

集中力がつく

絵本の読み聞かせを続けていると、集中力がつきます。絵本の読み聞かせを始めた当初はなかなか絵本に集中できず、他の遊びをしていた子も、徐々に最後までお話に聞き入ることができるようになります。

しつけが身につく

絵本の登場人物の行動を通して、自然にしつけが身につきます。イソップなど、物語の中でルールやマナーに関する内容を含む絵本はたくさんあります。ただし、しつけのための読み聞かせを嫌がる子供に無理強いすると、本嫌いになる恐れがあるので気をつけましょう。

ママとパパのストレス緩和

絵本の読み聞かせにより、親のストレスが緩和される効果があります。音読にはストレス軽減効果があるとされており、子供に読み聞かせをする行為により、親のストレスが軽くなります。子供が素直に絵本の読み聞かせを最後まで聞いてくれた時は、親にとっても楽しい時間となり、十分な満足感も得られます。

効果の出る読み聞かせの5つのコツ

読み聞かせをする際のコツを5つ紹介します。

子共と一緒に楽しみながら読み聞かせる

絵本を読み聞かせる時は、親が子と一緒に楽しむことが大切です。親が楽しんでいるとその楽しさが子供にも伝わるため、子供は楽しみながら絵本の世界に浸れます。適当に読んでいる様子は子供にも伝わり、子供も楽しめないので注意が必要です。

読み聞かせを無理強いしない

親が子供に絵本を読み聞かせたいという思いは強いことが多いですが、無理強いはやめましょう。子供は飽きっぽいものです、子供が飽きた時には途中で読み聞かせをやめてみるのも一つの方法です。

無理強いをし過ぎると子供が本嫌いになる可能性もあります。子供の様子を見ながら、集中できていないときは、内容を簡略化して伝えるなど工夫されることをおすすめします。

子供が読みたがる絵本を読もう

親の中には、「この絵本を読み聞かせたい」と思う場合がありますが、子供が読みたがっている絵本を読んであげましょう。もし同じ絵本を何度も読んで欲しがる場合は、何度でも読んであげましょう。

年齢に合わない絵本も、子供が望むのなら読んであげましょう。逆に興味を示さなかったり、嫌がったりしている絵本は読んで欲しいと言い出すまで待つことをおすすめします。

読み終わった後で質問攻めにしない

読み終わった後で質問攻めにしないように気をつけましょう。子供にとっては読後の余韻に浸る時間も大切であり、絵本の世界を頭に思い浮かべているかもしれません。質問をして邪魔をすることを避け、子供から話しかけてきた時には、いっしょに会話を楽しみましょう。

自分で読めるようになっても読んであげよう

子供が自分で絵本を読めるような年齢になっても、読み聞かせをはしてあげましょう。自分で読むのも大事ですが、耳から入る音としての物語は想像力が掻き立てられて楽しいものです。子供が親との時間を楽しむための時間ともなります。子供が読み聞かせを望むのであれば、いつまでも読み聞かせをしてあげましょう。

読み聞かせ効果のある絵本の選び方

読み聞かせをする際に効果的な絵本の選び方を紹介します。

親子で楽しめる絵本『ぜったいにおしちゃダメ?』

読み進むうちに、子供が夢中になり、親子で楽しめる絵本を選びましょう。ビル・コッター作の『ぜったいにおしちゃダメ?』は、読んでいるうちに子供がどんどん笑顔になれる絵本です。

「このボタンを押しちゃダメ」というたった一つのルールに沿って話が進行していきます。「おしたらどうなるの?」といった誘惑もあり、読んでいくうちに子供が夢中になれる絵本です。

読み聞かせ方のポイント

楽しみながら読む絵本ということもあり、読み聞かせの際は、親が子供と一緒に楽しみながら読むようにしましょう。読み聞かせに具体的なルールや正解はないので、子供が喜ぶことを第一に考えましょう。

語彙力を増やせる絵本『いないいないばあっ!』

同じ言葉の繰り返しがあるなど、語彙力を増やせる絵本を選びましょう。松谷みよ子作の『いないいないばあっ!』は小さな子供にも大変人気があります。

0~1歳児を対象としている絵本で、作中では「いないいないばあ」という言葉が繰り返されるので、子供は自然に「いないいないばあ」の言葉と遊びを覚えてしまいます。内容自体はシンプルですが、これが子供にとってはとても楽しいことなのです。『だるまさんシリーズ』『くっついた』などもおすすめです。

読み聞かせ方のポイント

正しい言葉を聞かせるためには、ゆっくり、はっきりと読んであげましょう。低年齢の子供の興味を引くためには、リズミカルに読むことなども意識しましょう。

想像力を豊かにする絵本『はらぺこあおむし』

登場人物と一体となって楽しめるなど、豊かな想像力を育めるような絵本を選びましょう。エリック・カール作『はらぺこあおむし』は、とても鮮やかなでリズミカルな文章も子供に人気があります。

2~3歳児を対象としている絵本です。お腹をすかせたあおむしが、次々に食べ物を食べ、成長していくというもので、読者はあおむしに感情移入し、絵本の世界へと浸っていきます。また、本の絵がカラフルで、読ませる工夫がされています。『大きなかぶ』『ぐりとぐらシリーズ』などもおすすめです。

読み聞かせ方のポイント

想像力を豊かにするためには、子供のペースで読み進め、親も一緒に楽しむようにしましょう。

感受性を豊かにする絵本『ぐるんぱのようちえん』

主人公の気持ちに感情移入できるなど、豊かな感受性を養える絵本を選びましょう。西内ミナミ作『ぐるんぱのようちえん』は、子供達に大変人気のある絵本です。

3~4歳児を対象としている絵本です。ぞうのぐるんぱが、たくさんの失敗を重ねながら、自分にあった仕事を見つける物語です。失敗してもへこたれず諦めないぐるんぱに子供達は感情移入できるはずです。『かいじゅうたちのいるところ』『100万回生きたねこ』などもおすすめです。

読み聞かせ方のポイント

感情移入しやすい絵本ですが、話を途中で止めて質問をすることは避けましょう。子供がうまく絵本の世界にのめり込めない可能性があります。

集中力を養える絵本『ミッケ!』

ゲーム感覚で遊びながら、子供に集中力を身につけてもらえる絵本を選びましょう。ウォルター・ウィック作の『ミッケ!』には、子供達も思わず集中してしまいます。

細かく描かれた絵の中からおもちゃやぬいぐるみなど様々なものを探していくお話で、ゲーム感覚で読み進められる絵本です。探し物をしているうちに自然と絵本を読むことに集中してしまいます。『おしりたんてい』『アンパンマンをさがせ』などもおすすめです。

読み聞かせ方のポイント

読み聞かせの際は、子供の集中力妨げないことが大切です。子供といっしょにゲームを楽しみながら読み進めましょう。

しつけが身につく絵本『ノンタン』

絵本を通して、楽しみながら子供にしつけを身につけさせられるような絵本を選びましょう。キヨノサチコ作『ノンタン』は子供達が大好きなキャラクターの一つです。

明るくて元気なねこのノンタンが主役です。ブランコに乗ったり、おねしょをしたり、妹と遊んだりと色々なシーンが描かれています。物語を通じて日常生活のマナー・ルールを子供に教えられます。『ペネロペ』『ふたりはともだち』などもおすすめです。

読み聞かせ方のポイント

絵本でしつけようという思いを強く持ちすぎで、子供に無理やり読み聞かせることは避けましょう。

ママとパパのストレスが緩和される絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』

心が暖かくなったり、悲しくなったりするなどストーリー性のある絵本を読み聞かせることで、親のストレスが緩和されるような絵本を選びましょう。ガース・ウイリアムズ作の『しろいうさぎとくろいうさぎ』はとても心が暖かくなる絵本です。

1匹のうさぎが仲良しのうさぎとずっと一緒にいられるように、と願い事をしたことで、話が進んでいきます。読み応えのあるストーリー展開に大人も子供もその世界に惹き込まれます。読み終えた時には、親子でほっこりと優しい気持ちになれるはずです。『手袋を買いに』『ごんぎつね』などもおすすめです。

読み聞かせ方のポイント

思いやりの心を伝えられる絵本を選び、押しつけがましい読み方は避けましょう。読後のほっこりとした時間や悲しみに沈む時間などを子供と共に味わいましょう。

まとめ

子供への絵本の読み聞かせをすることで、語彙力を伸ばしたり、感受性や想像力が豊かにしたり、親子で楽しめたりなど、様々な効果が得られます。絵本を読む際は、無理やり読み聞かせようとするのではなく、子供が楽しめることをまず第一に考え、子供の反応を見ながら絵本も選ぶようにするとよいでしょう。

例えば、記事内で紹介した、親子で楽しめる『ぜったいにおしちゃダメ?』はシリーズ化されています。最新刊『ぜったいにおしちゃダメ? ラリー と どうぶつ』は、子供たちがみんな笑顔になれる絵本と評判です。子供の笑い声を聞くことで親も癒されるでしょう。親子で楽しめる絵本として、ぜひチェックしてみてください。

『ぜったいにおしちゃダメ?』の最新刊はこちら

(画像提供:iStock.com/Dobrila Vignjevic/Liderina/ra2studio/g-stockstudio)

この記事は、”ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と どうぶつ” ビル・コッター(著) の新刊コラムです。


ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と どうぶつ ビル・コッター(著)

ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と どうぶつ

ビル・コッター(著)
980円+税
詳しくはこちら
今度は「おさる」になっちゃった!! 大人気のいたずらモンスター、ラリーがどうぶつの森に帰ってきた!