皮膚をやさしくマッサージするだけ!話題の「皮膚ねじりダイエット」で楽ヤセ!

「皮膚ねじりダイエット」をご存じですか?「筋膜リリース」を世に広めたエステ界の実力者が、医師やスポーツトレーナーと共に開発した新しいメソッドです。すでにエステ界では「筋膜リリースの次はこれが来る!」と話題になっています。

ヤセない原因は「皮膚のゆがみ」にあった

骨格がゆがんでいる、体がゆがんでいるとはよく聞くと思いますが、「皮膚がゆがんでいる」というのは初めて耳にするかもしれません。
皮膚がゆがんでいるとは、一体どんな状態なのでしょうか?
だれかに、シャツの袖を引っ張られて形が崩れたら、元に戻しませんか?
ジャケットを着たあと、しっくりこなくて形を整えることはありませんか?
じつは人間の皮膚でも、同じことが起きています。
いつも、同じほうの手でカバンを持ったり、脚を組んで座ったり、ずっと下を見ながらスマホをチェックしたり……。

こんな習慣を続けていると、皮膚は正しい位置からどんどん離れていき、一箇所にかたよっていきます。でも皮膚は服のように自分でサッと元に戻せないので、ゆがんだ皮膚は間違った位置でくっついてしまうのです。これを「癒着」と呼びます。

皮膚が癒着すると何が起きるのでしょうか?
皮膚のすぐ下にある浅層筋膜にも影響を及ぼし、血流やリンパの流れが悪くなります。その結果、代謝が上がらず、運動してもマッサージをしても、ヤセにくい体になってしまうのです。

ここまで読んで、「私には関係ない話」と思ったら、要注意。基本的に人間の皮膚はゆがんでいると思ってください。かんたんに皮膚のゆがみをチェックできる方法があります。

皮膚のゆがみ セルフチェック法


1 腕をつかむ
2 外側にねじる
3 内側にねじる

注意 ! 腕は動かさない。つかんでいる手だけを動かす

ねじりやすさに差がありませんか? 腕の場合、ほとんどの人が内側のほうがねじりやすいと感じるはずです。これは内側に皮膚がかたよっている証拠。無意識のうちに、皮膚が内側に引っ張られているのです。これが「皮膚のゆがみ」。この現象が全身で起きています。

皮膚をねじると、なぜヤセるの?

大多数の人の皮膚がゆがんでいることがわかったところで、皮膚の構造を見ながら、 もう少しくわしく説明しましょう。人間の体は大まかにいうと表面から順番に、皮膚 → 浅層筋膜 → 深層筋膜 → 筋肉 → 骨 で構成されています。 皮膚がゆがむと、その下にある浅層筋膜、深層筋膜、筋肉も一緒にゆがみ出します。すると血管やリンパ管が圧迫されて、流れが悪くなり、老廃物が排出されにくい体になってしまうのです。
この皮膚のゆがみに着目し、開発されたのが「軟部組織リリース」、通称「皮膚ねじりダイエット」です。方法はいたってシンプル。皮膚をねじり、皮膚とそのすぐ下にある浅層筋膜のゆがみ を正常な状態に戻します。それによって深部の筋膜や骨格筋を、正しい位置に戻していくダイエットです。

ヤセるだけじゃない!触られたくなる「やわらか美肌」にも

皮膚のゆがみを取ると、ヤセるだけではありません。皮膚が正しい位置に戻ることで、筋肉に癒着して寝ていた毛細血管が起き上がり、ふわふわしてマシュマロのような肌に変わっていきます。カーペットをイメージしてください。掃除機をかける前は毛がへたってぺちゃんこですが、掃除機をかけると空気が入り込むことで毛が立ち上がり、ふわふわになりますよね。それと同じことが人間の肌でも起きています。また、不調の緩和にも効果的です。
浅層筋膜の癒着が取れて、筋肉などがゆるみ出し、その伝達が深部に伝わり、骨の位置が正しくなると、さらに奥にある内臓も正しい位置に戻っていきます。すると内臓や 筋肉などすべてが調子よく働き出します。その結果、肩コリ、首コリ、便秘、むくみ、 冷え、胃腸の不調、頭痛など、多くの不調がやわらぐのです。

この軟部組織リリース(皮膚ねじりダイエット)は医師監修のもと、プロ野球チーム の顧問トレーナーと人気エステティシャンが開発したメソッドです。つまり、スポーツトレーナーの知識とエステティシャンの技術を融合した究極の手技。しかも日本美容再 生医療学会代表理事の山口修司医師が監修に携わっており、医学的にも根拠のあるメソッドです。
詳しいやり方はぜひ、書籍をチェックしてみてください。

(画像提供:iStock.com/paylessimages)

この記事は、”皮膚ねじりダイエット”新居理恵(著)・山口修司(監修)の新刊コラムです。


皮膚ねじりダイエット 新居理恵(著)・山口修司(監修)

皮膚ねじりダイエット

新居理恵(著)・山口修司(監修)
1,100円+税
詳しくはこちら
2万人が実感! エステティシャンが公開を拒んだ秘技、ついに書籍化!