サンクチュアリ出版 スタッフブログ

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

起きられない私と1冊の本

みなさんこんにちは。
編集部の奥野です。


私も社会人3年目になって、日々楽しく忙しく働いているのですが思うのです。

起きられない。


もともとロングスリーパー(?)なのですが、社会人になってから週末の起きられないに拍車がかかっている気がします。

先日は上司から
「いつまでもあると思うなその健康」と言われ
社内で、なんとなく不調だと相談すると
「走ったほうがいい」と言われました。

私は小中学校で陸上部のスプリンターでしたが、なんの恩恵も受けず
「毎日しんどくて走れないよ」と思うのです。
(顧問の先生たち、ごめんなさいです)


そんな私がぼーっと過ごしていても
何かがよくなるわけはなく、起きられない日々が続いていました。


そんなある日、書籍の改訂を担当することになりました。
シリーズ大人気の『食べるなら、どっち!?』です。

この書籍は「どうせスナック菓子を食べるなら、商品Aと商品Bのどっちがより安全か?」 と商品を比較して、どの添加物が危険で、どの商品を選ぶべきかがわかるつくりになっています。


製作中、著者の渡辺雄二先生に食品添加物について教えていただき衝撃を受けました。

「私が好きなもの、添加物がたくさん使われている!!」


この書籍をつくるにあたり、毎日食品のパッケージとにらめっこしていたのですが
想像以上に添加物が使われていることを知らなかった、自分の無知さに驚きました。

制作に携わってから、スーパーでは成分表示を見るようになり、できるだけ添加物の少ない食品を選ぶようになりました。


書籍が発売されて、3ヶ月半ほど経ちますが
なんとなく身体がかるくなったような気がします。
ホルモンバランスや季節柄もあると思いますが、肌荒れもしにくくなった。
朝も、前より「起きられない〜」と午前中を棒に振ることが減りました。


みなさんもどうせなら、少しでも安心な食品選びをしてみませんか?

書籍はこちら





終わり
2022,04,26, Tuesday| 04:29 PM スタッフ日記

世界の奇祭を88カ所まわりました。

みなさんこんにちは!

サンクチュアリ出版副社長の金子です。

海外出版事業のため
普段はニューヨークにあるワンピースブックスで働いています。

https://www.onepeacebooks.com/

先日、
日本帰国時に奇祭ハンターちよちゃんに
インタビューをさせて頂きました。

世界中の奇祭をなんと!
88カ所も訪れているという強者です!

このぶっ飛び方が好きです♥️

やっぱり
人生は、はしゃいだもの勝ちですね。

https://www.youtube.com/watch?v=fyDpyCir6zk&t=344s
2022,04,26, Tuesday| 01:05 AM スタッフ日記

鼻毛ワックスの痛み、あるいは2度目の会話のこと

祖父の法事の前日、弟が「身を清めて行く」ということで、
花粉症の季節なのに鼻毛ワックスを使っていた。

弟は初めて鼻毛脱毛ワックスを使ったとき、
ビビって抜けないわ、
部屋中に異臭をまき散らすわ、
電子レンジの受け皿を変色させるわで大変だったのに
2度目の今回は痛みに慣れて失敗もせず、つるッッつるに脱毛していた。

多分どんな人間もたいていのことは1度目より2度目、
2度目より3度目のほうがうまく、気持ちもラクになっていく。

たしかにうちの父は、ノー勉で仕事関係の資格試験を受けては落ちをくり返し、
落ちることに慣れてもはや何も感じてなさそうで、気持ちがラクそう。

一度見た必殺技は見切られるのをよく見るし、
全身脱毛の痛みは回数を重ねて毛が薄るなると
楽になってくる気がする。

回数を重ねるほどつらくなるのは、
ワクチン接種と““““会話””””くらい。

そう、『会話』は出会ってから2度目のほうが難しいんです!!!

こんな人もいるはずです。
◉初対面の会話で「お仕事は?」「お住まいは?」など『情報』について話しがち
◉2度目の会話では、前回話題を出し尽くしたので、もう話すことがない
◉プライバシーに踏み込んでいいのか、いつも迷って結局やめてしまう
◉仲良くなりたいけど、急に向こうから距離を縮められると戸惑ってしまう
◉相手がおしゃべりな人なら2度目の会話も困らないけど……
◉興味が持てない相手には、そもそも2度も会いたくない
◉きっかけがないと話しかけられない
◉知ってる人と偶然会うと気まずい
◉なかなか深い会話ができない

当てはまらないという人も、
会話がうまくいかない原因は2度目にある場合が多いらしいです。

そんな悩みをすべて解決してくれるのがこちら、
2度目の会話が続きません』という本です。

自分で自分のことを褒めるのがめちゃめちゃ苦手ですが、
おもしろい本をつくれたと思います!
高校生の頃に好きだったバンドがギターソロの前に、
「マイ ファンタスティックギター!」と言ってから弾き始めるのを
笑っていましたが、今ならその気持ちがわかる。

僕自身2度目の会話が苦手でしたが、
この本を読んでから上達した(はず)。

そしてこの前会話の上達を実感したとき、
ふと「鼻毛ワックスと同じだ」と思った、そんな話でした。

編集部 鶴田宏樹
2022,04,22, Friday| 06:21 PM スタッフ日記

盛大にすっころんで起き上がれなくなってしまったときの対処法

こんにちは。編集部のヨシダです。

毎年言ってる気がしますが、春が苦手です。
ふわふわした雰囲気に気圧されてしまいます。

この春ももれなく、だいぶ調子を崩してしまいました。

たまりにたまっていた疲れとか気持ちとか、
いろんなものがマグマのようにあふれ出て、
ああもう二度と起き上がれないんじゃないか……とさえ思う日々でした。

今回、約2週間ほどの絶不調期間をどうやって乗り切ったのか、
また来年のこの時期の自分のために、備忘録を置いておきます。
興味のある方だけお進みください。

まず、自分の不調レベルを見極めて、

・マイナスからゼロに戻す段階【回復期】
・ゼロからプラスに傾けていく段階【充電期】

の2つにわけるのが大切だと気づきました。
休息が必要な時期にもかかわらず、無理して出歩いたり人に会ったりすると
疲れが何倍にもふくらんでとても危険だからです。

◎【回復期】にやってよかったこと

①寝る
起きた瞬間に(帰りたいな……)と思うくらい疲れているとき、ありませんか?
わたしはわりとあります。
そんなときは、とにかく寝る。休息する。何もしないをする。話はそれからです。

②朝日をあびる
寝て多少すっきりできたら、朝日を多めにあびる。
窓側で日向ぼっこから。外に出られそうなら15分だけでも午前中に散歩する。
セロ活(セロトニンの活性化活動)です。

③写経
好きな本でも音楽でもなんでもいいのですが、
心の栄養になる言葉を、読むだけじゃなくてノートに書き写していきます。
わたしの場合は、敬愛する日食なつこの「ヒューマン」という曲の歌詞を
3回くらいノートに書いていたらだいぶ回復しました。

(引いてますか? 誰も読んでない気がするので続けます)

◎【充電期】にやってよかったこと

④体をほぐす
自分でストレッチしてもいいのですが、それすら疲れているとできないので
頼りにしている整体師さんのところに駆け込みました。
ただ、他人と会話しても大丈夫そうなら。無理は禁物です。

⑤家中をみがく
床、水回り、あとおすすめは幅木(はばき)です(床と壁をつなぐ板の部分)。
ひたすらきれいにすると気持ちがすっきりするし、軽い運動にもなってよかったです。
人生とか仕事とか、不確かなことが多いじゃないですか。
がんばれば報われるとも限らない。
でも掃除って手を動かしたぶん必ずきれいになるので、
ああこんな世の中にも確かなことってあるんだなぁと癒やされます。

⑥安心・安全な人と話す
元気なときはいろんな価値観の人と話すのも楽しいけれど、疲れているときは、
いつ会っても安心で安全な10割やさしさでできている神のような友人
(具体的には、想像力があって物事を決めつけない、話していてラクなのに気付きをくれる親友が少しだけいます)
と話すとものすごく充電できます。

ちなみに、やってみたけどあんまり元気にならなかったなぁと思ったのは買い物。
ほしかった服やカバンを買ってみたのですが、
買ったときのテンションがピークで、2日後くらいには落ち着きます。
消費の幸福感は長く続かないんだなと思いました。

わたしのまわりでも、心身ともに不調が続いている人が増えているみたいです。

寝て、休んで、ようやく本が読めるエネルギーを取り戻した頃に
手にとってほしい本がこちらです。

脱ゾンビ。一緒に人間回帰しませんか?
2022,04,21, Thursday| 05:12 PM スタッフ日記

思いがけず

編集部の大川です。

タイトルに惹かれて思わず買ってしまう、
そんな本ってありませんか?

私は読書家にはほど遠い人間ですが、
(とか、出版社の人間が言ったら怒られますね、すみません)
この本は見た瞬間に
「なんて、かっこいいタイトルなんだ!!!」
と、発売した時からずっと気になっていたんです。

やっと読めて、
内容もドンピシャに刺さって
そういう本に出会うってなかなかないので
嬉しくて写メまで撮ってました。


普段、食べ物の写真とかはいっさい撮らないのに、
よっぽど嬉しかったんでしょう。

よくよく見るとこれは
「私、カフェでこんなおしゃれな本読んじゃうんですよ〜」
っていう写メですね。失礼しました。

写メといえば、
この間の編集会議で
今の若い子はもう「写メ」という言葉は使わない、
という話になって衝撃を受けたのは私だけでしょうか。
(なんかさみしい)

脱線しました。

そうです、タイトルは
思いがけず利他」というミシマ社さんから出ている本です。

オモイガケズリタ

なんだか、何回でも口にだして言いたくなる。

別に普段、
「いいタイトルとは何か?」と自問自答してるわけでもなく、
声に出して読みたい日本語オタクなわけでもなく、
でも「このタイトル好き」と言いたくなってしまうこの感じ。

しかしそれを言う相手がいなくて、
(写メよりこっちのほうがさみしい笑)
いつか誰かに言いたいと思っていたある日、
書店をぶらぶらと歩いていたら
いきなり「思いがけず利他なんですけど」という声が、
ピンポイントでタイムリーに聞こえてきて、
「え!」となる私。

偶然にも、版元であるミシマ社さんの営業の方が
書店員さんとお話しされている所に遭遇。

帰り際に思わず声をかけてしまったのですが、
快く本について色々と教えてくださり嬉しさマックス。
(その節はありがとうございました)

好きな本に出会えるだけでも嬉しいのに、
その本の作り手側の方に出会えるのはなかなかない上に、
特にこの2年は、
リアルで人と会う機会もガクンと減っていたので
こうして思いがけずの出会いに、ほっこりした気持ちになった日でした。

みなさんが思いがけず手に取ってしまった
本のタイトルはなんですか?
2022,04,21, Thursday| 12:25 PM スタッフ日記

声が大きいんです

宣伝チームの岩田です。

最近、数年ぶりにちょこちょこと、居酒屋で飲み会に参加する機会が戻ってきています。
ほとんどが社内の人との飲み会なんですが、久しぶりに居酒屋に行ってビックリしたこと。

それは、若い人たちの声の大きさ。

騒がしい居酒屋とはいえ、このくらいの声で話せばまあ普通に聞こえるよね、のボリュームを100とすると、ボリューム300くらいで話している人がちょいちょいいます。
女性率高し。
笑い声がすさまじい。

こちとらもう40歳オーバーで高い声も出なけりゃ大きな声を出すのもしんどいです。
なので少々迷惑な気持ちではあるのですが、チラチラと若人たちを横目で見ては、
「あぁ…若さとはこういうことだったろうか」と
忘却のかなたに消え去った記憶を手繰り寄せてみたりします。

「私を見て!!」
「私の話を聞いて!!」
「私の存在を認めて!!」
「私が、私の、私を…!!!」

そんなエゴ炸裂な若気の至りはもちろん私にもありました。
自意識過剰で生意気な、超絶勘違い女子だったと思います。
きっと、あの彼女らと同じように甲高い声ではしゃぎ、割れんばかりの笑い声をあげていたのかもしれません。

大人になるとは、自意識が落ち着くということかもしれません。
ラーメン屋に一人で入っても「どうせ私のことなんて見てない」精神で堂々たるもんです。
どうせ私のことなんて見てない精神で、オンライン会議にもすっぴんで出席していたほどです。。。

こうやって少しずつおばちゃんになっていくのでしょうね。

おばちゃんといえば、最近子供からママは何歳なの?と聞かれて「逆に何歳だと思う?」と聞き返したら「25歳」と言われたので、「25歳って!!それ、お姉さんじゃん。おばちゃんじゃないじゃん!!」と思わずツッコんだら「え??だってママはおばさんじゃないじゃん、おねえさんじゃん」と真顔で言われました。

え!!??
私って25歳に見えるし、おばちゃんではないってことで本当にいいですか!!!??

次回居酒屋へ行くときはもう少し声を張ってみようと思います。
2022,04,19, Tuesday| 07:44 PM スタッフ日記

よく考えられているものって尊い!

こんにちは。
営業部の内山です。

以前、任天堂Switchのゲーム「スプラトゥーン2」にどハマりし、
「スプラカラーのコントローラー」「グッズ」と購入しましたが、
今回さらに「アートブック」まで手に入れてしまいました。



「スプラトゥーン2 イカすアートブック」
(KADOKAWA 週刊ファミ通編集部)



オールカラー、全384ページのずっしり本で、
各ステージ、キャラ、ブキ、ロゴなどのデザイン案、隠れたストーリーなど

「いやいや誰も気付かないよ」

と言いいたくなる細かな設定、情報がたくさん掲載されています。


この世界、実在してるんじゃない?
っていうくらい綿密に作られていることを知り、

も、ホントすごい! 天才っ!

と読みながら唸っりっぱなしです。


よく考えられているものって尊い!


はぁ〜
だからこんなにおもしろいんだぁ〜。(また感動)

だから金曜の仕事終わりにゲーム始めて、
気がつくと深夜2時とかになっちゃうんだぁ〜(あはは)


ちなみに購入してもう1ヶ月以上たちますが、
未だ最後まで読み切れてません。。。
読みながらいちいち感動をかみしめちゃうからです笑。
読み切るのがもったいないとすら思います。

とはいえ、いろいろわかったことがあっても、
あいかわらず腕前はポンコツで相手チームのいい的です笑。

エイム力(ブキの照準をあわせること)上げるぞ〜!!
おーっ!
(仕事もがんばれよっ)

ではでは〜
2022,04,18, Monday| 07:12 PM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
連載エッセイ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。