サンクチュアリ出版 スタッフブログ::鼻毛ワックスの痛み、あるいは2度目の会話のこと

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::鼻毛ワックスの痛み、あるいは2度目の会話のこと

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

鼻毛ワックスの痛み、あるいは2度目の会話のこと

祖父の法事の前日、弟が「身を清めて行く」ということで、
花粉症の季節なのに鼻毛ワックスを使っていた。

弟は初めて鼻毛脱毛ワックスを使ったとき、
ビビって抜けないわ、
部屋中に異臭をまき散らすわ、
電子レンジの受け皿を変色させるわで大変だったのに
2度目の今回は痛みに慣れて失敗もせず、つるッッつるに脱毛していた。

多分どんな人間もたいていのことは1度目より2度目、
2度目より3度目のほうがうまく、気持ちもラクになっていく。

たしかにうちの父は、ノー勉で仕事関係の資格試験を受けては落ちをくり返し、
落ちることに慣れてもはや何も感じてなさそうで、気持ちがラクそう。

一度見た必殺技は見切られるのをよく見るし、
全身脱毛の痛みは回数を重ねて毛が薄るなると
楽になってくる気がする。

回数を重ねるほどつらくなるのは、
ワクチン接種と““““会話””””くらい。

そう、『会話』は出会ってから2度目のほうが難しいんです!!!

こんな人もいるはずです。
◉初対面の会話で「お仕事は?」「お住まいは?」など『情報』について話しがち
◉2度目の会話では、前回話題を出し尽くしたので、もう話すことがない
◉プライバシーに踏み込んでいいのか、いつも迷って結局やめてしまう
◉仲良くなりたいけど、急に向こうから距離を縮められると戸惑ってしまう
◉相手がおしゃべりな人なら2度目の会話も困らないけど……
◉興味が持てない相手には、そもそも2度も会いたくない
◉きっかけがないと話しかけられない
◉知ってる人と偶然会うと気まずい
◉なかなか深い会話ができない

当てはまらないという人も、
会話がうまくいかない原因は2度目にある場合が多いらしいです。

そんな悩みをすべて解決してくれるのがこちら、
2度目の会話が続きません』という本です。

自分で自分のことを褒めるのがめちゃめちゃ苦手ですが、
おもしろい本をつくれたと思います!
高校生の頃に好きだったバンドがギターソロの前に、
「マイ ファンタスティックギター!」と言ってから弾き始めるのを
笑っていましたが、今ならその気持ちがわかる。

僕自身2度目の会話が苦手でしたが、
この本を読んでから上達した(はず)。

そしてこの前会話の上達を実感したとき、
ふと「鼻毛ワックスと同じだ」と思った、そんな話でした。

編集部 鶴田宏樹
2022,04,22, Friday| 06:21 PM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
連載エッセイ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。