サンクチュアリ出版 スタッフブログ::未来を変える旅に出よう!

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::未来を変える旅に出よう!

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

未来を変える旅に出よう!



平出さん家のキッコちゃん
You Tubeの鳥の動画に夢中のようですね。

総務部の赤嶺です。
わたしは最近アルゼンチンの生活や旅行を紹介する動画を好んで見ています。
理由はこの先に・・・

皆さまはお休みの日の朝
何を想いますか?
わたしは『未来を変える週末にしよう!』と心の中でつぶやきます。
旅では『未来を変える旅に出よう!』と出掛けます。

『時代を変える旅に出よう!』という言葉に出会った時衝撃を受けずっとあたまの片隅にその言葉が存在していたからでしょう
時代を変えたいとまでは思わないけどインプットは好き、得たいという気持ちからこうしています。

食通の芸人さんが生涯食事出来る回数は限られているから手を抜けないと言ってましたが食事は毎日、1日3回くらいはするものでその全てに気合いを入れるというのは果てしないと思うのですが

『旅』はちょっとそんな気がしませんか?週末は月に4回しかないし

貪欲に 『未来を変える旅に出よう!』なぁ-んて言ってみちゃったりなんかしちゃったりしてぇーくらいが楽しさが増して調度良いんぢゃないかと(^_^)



先日、イタリア・ボローニャ国際絵本原画展へ行きました。

前回の イタリア・ボローニャ国際絵本原画展にも行きブログにも書きました。

ただ、今回の会場は太田市美術館・図書館



設計は平田晃久さん
ロゴマーク・サインは平野 篤史さん

コンセプトは 『生態学的ニッチ』
多種多様な人がそれぞれ心地いい居場所
空間がカチカチと区切られておらずいわゆる公共施設感が全くない
あちこちにまったり空間が存在
こんなに面白いコンセプトの美術館があったとは
しかも、ユニークなコンセプトをここまで成立させてるとは、凄すぎてなんだかおかしくなってきちゃって笑っちゃいました。

市民や各ジャンルの専門家などを招いてワークショップを行い、話し合いをしながら設計を進め『 生態学的ニッチ』 を確立させた醍醐味にもあたまがさがります。

ロゴマーク・サインが全てオリジナルという贅沢空間でした。市立美術館の域を遥かに超えていて夢だったんぢゃないかって思ってます。

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展で気になった作品はアルゼンチンの作家さんによるもののことが多く
今後、なにかしらアルゼンチンの文化に触れられたらいいなと思いました。という風に趣味を数珠繋ぎしていくのも楽しいですよね。

あとあと、絵本の世界に恍惚としていたら
わたしにも創作意欲が湧いてきました。

年末のM-1も感動しました。
彼らはM-1に向け1年がかりで仕上げてきています。
長きに渡るもの創りにおける自分との戦いを体感したい。
わたしは学生の頃写真部でした。
王道の写真コンテストに応募してみよう!
と、HPを開くと前回の受賞作品が紹介されていました。
が、


ピンとこない

これっぽっちもピンとこない

(コラ!)



どうせなら研ぎ澄まされてる!神がかってる!流石だとリスペクト出来る作品・人物がちゃんと評価されているコンテストに応募したい。

キングオブコントだっ


わたし、コント師になります!



未来を変える旅に出よう!

2022,01,19, Wednesday| 09:30 AM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
連載エッセイ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。