サンクチュアリ出版 スタッフブログ::ミステイク♪

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::ミステイク♪

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

ミステイク♪

おはようございます

こんにちは

こんばんは

49歳、サンクチュアリ出版代表、つるりんこと、つるりんです。

石橋を、叩いて、叩いて、もっと叩いて、壊してしまうくらい慎重派です。

そんな自分でも、ミスをしたことはもちろんあります。

でも、慎重派で普段ミスをあまりしないので、たまに犯してしまったミステイクは、忘れられません。

そしてふとした時にその記憶が蘇り、のたうち回るくらい恥ずかしい気持ちになります。

完全にトラウマですね。

未だに忘れられない記憶ナンバー1と言えば、遅刻。

それも台湾・台北のあるホテルのロビーで、仕事相手の方とお約束をしていて、そのために朝の飛行機を予約していたのに、その飛行機が羽田空港を出発する時間に起きたときの衝撃(笑)

その日は、朝9時過ぎのフライトで、5時に目覚ましをかけていて、6時に出発し、7時に羽田空港に到着する予定でした。

あーよく寝た。と思って起きたときに、なぜかすごい違和感があったんです。

なんだろう??…と思って、ふと時計を見ると、9時15分。

ん??…

あっ!!!!!!!!

ヤバい!寝坊だ!

…と思った瞬間、すでに飛行機は飛び立った後だと気づき、なぜか一度落ち着きました。

いま焦っても仕方がない。だってもう絶対に間に合わないんだから。

とりあえず、空港に行こう。

すぐに準備をはじめ、9時半過ぎには家を出発し、羽田へ向かいました。

10時半くらいに空港に着き、とりあえず乗る予定だった航空会社のカウンターに向かいます。

ところが、人が誰もいません。

見渡すと、一番端のカウンターに、1人だけ係員がいます。

その人に事の顛末を話し、とりあえずできるだけ早く台北に向かうことが出来る飛行機のチケットを用意してもらうよう、お願いしました。

結局、予定より3時間半遅れて、台北の松山空港に到着。

落ち合う予定のホテルに伝言を頼んでおいたので、それが何とか待ち合わせ相手に伝わり、後ほど別の場所でお会いすることが出来ました。

笑って許していただけましたが、このときの数時間の間の心境は、もう十年以上経つのに未だに忘れることが出来ません。

忘れることが出来たら、どんなに楽でしょう…

でも、忘れることができないからこそ、2度と同じミスを犯さないように、気をつけることが出来るんでしょうね。

そう思えば、ミスも悪くないものです…が、やっぱり忘れたい(T_T)

以上です♪

最後までありがとうございました。

それでは〜

行ってらっしゃい

頑張っていきましょう

おやすみなさい
2021,10,06, Wednesday| 08:36 PM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
本のソムリエ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。