サンクチュアリ出版 スタッフブログ::つみたてNISAはじめました

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::つみたてNISAはじめました

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

つみたてNISAはじめました


総務部 田中です。

突然ですが、最近投資をはじめました。

「つみたてNISA」で実践してます。 (詳しくはこちらへ。※金融庁の概要ページ)

ざっくり言うと、年間40万円まで投資できて、投資した年から20年間は利益に対して課税されないです。

本来は株式で利益が出ると20%が税金として差し引かれますが、これが20年間0%になるというすごい制度なんです!

つみたてNISAは、最長20年間利用できます。

なので、年間投資上限40万円 × 20年 = 800万円 が投資上限となります。

1ヶ月の投資額上限は33,3333円となっています。(40万円÷12ヶ月ですね)

これくらいなら貯金をする感覚で投資ができるのではないでしょうか。

「投資って売り買いとか面倒なんじゃない?」と思ってしまいがちですが、実はとってもカンタンです。

面倒なのは証券会社に口座を開く時くらいです。

つみたてNISAの口座さえ開いてしまえば、あとは毎月一定額を積み立てるだけです。

給与振込先の口座から自動で引き落とす設定もできるので、一度セットしてしまえば手放しで運用してくれます。

投資する商品は自分で選ぶ必要があるのですが、個人的には『eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)』に全額で良いと思います。

これは、全世界の株式相場から良さげな株を自動で買ってくれる ”インデックスファンド”です。 (インデックス=株式指数。TOPIXとか米国のS&P500とか。)

インデックスファンドと対をなす ”アクティブファンド” もあります。これはファンドマネージャー(人間)が株の売り買いをするものです。

一般的には アクティブファンドはインデックスファンドに勝てないと言われています。

インデックスファンドについて詳しく知りたい方には「敗者のゲーム (日本経済新聞出版)」がおすすめです。

つみたてNISAで投資を開始したら守ってもらいたいことがあります。

「途中で積立をやめて売却しない」です。※もちろんどうしても現金が必要な売却しましょう。

昨今、中国の恒大集団や、アメリカのデフォルト懸念など、世界経済に不穏な空気が流れています。

リーマンショック級の暴落が発生すると、保有する資産が投資額を割り込むことも十分にありえます。

ですが、ここで損切りするために売却をしてしまったら、株価回復の波に乗れず、大損したまま退場となってしまいます。

積立投資を始めたら、株式市場の動向に見向きはせず淡々と積立を続けましょう。

20年の投資期間があれば暴落も乗り越えて株価が回復して利益を増やせる可能性がとても大きいです。

色々書いてきましたが、これから積立投資を始めたい人は「貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください!」を読みましょう!

きっとあなたの投資ライフの助けになってくれるはずです!※元本割れのリスクはあります。


最後に、私の現状を晒します。
30万円の投資で約3000円の利益がでてます。20年後にどれだけ増えているか今から楽しみです!




2021,09,29, Wednesday| 02:53 PM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
本のソムリエ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。