サンクチュアリ出版 スタッフブログ::DISCHARGEの1stのイメージ の話

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::DISCHARGEの1stのイメージ の話

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

DISCHARGEの1stのイメージ の話

営業の二瓶です。
毎朝、家の近くを走るのが日課になっています。その間、耳が暇なのでvoicyなどを聞いてます。
ランのあと、犬の散歩に行きますがそこでも同じく。皿を洗ったり洗濯物を干す時もそうです。耳が空くのでなにか聞いてます。
一人で食事する時、耳と目と頭が空くので、動画とかを見ます。片手も空いてるので、動画を見ながら、ニュースサイトをチェックしたりします。鼻と口は食べ物を味わってます。
電車に乗る時は、耳と目と頭と手が空くので、ゲームをしたりします。
電車を降りて歩くときは、目が使えなくなるので、耳だけで聞けるようなものに切り替えます。
ベランダでのんびりするときは、口でお酒を飲みながら耳で音楽を聞きながら目で読書をしたりします。
そうやって今は自分なりには最大限、効率化してるように思えますが、これからデバイスや身体が進化していくともっと出来ることが広がって来るのかなと思っています。例えばウエアラブルのグラスで片目でネットの情報を確認しながら片目でリアルの道を見て歩く。さらにその間、片耳ごとで別の情報をキャッチする。手や足でもなにかできそうですよね。足で発電できたりしないかな。
ランのとき、手が空いてるのでなにか出来ないかなと思ってます。昔、村上春樹さんの小説でポケットに入ってる小銭を手の触感で数えながら合計金額を計算する訓練をしてる男の話がありましたがそんな感じですかね。
そういえば昨年の緊急事態宣言のときは外で走るのをやめて家で踏み台昇降をしてましたが、仕事をしながら出来ないかと試みたりしてました。朝外を走るのはセロトニンを浴びるという目的もありますね。

片目ずつ違うものを見、片耳ずつ別の情報を聞き分け、その間、手や足も最大限使う。凄いことに思えますが、身体も進化していくんでしょうね。

話はちょっと違いますが、昔、目や耳は2つあるのに、なぜ口は1つなのか教わったことがあります。口にするのは見聞きしたことの半分で良いからなのだそうです。取捨選択の力、そして余計なことを飲み込む力、忖度する力は人間の智慧といったところでしょうか。

五体の健康に感謝しつつ、衰えないように磨きをかけ、最大限活かしていきたいと思います。おわり

2021,08,03, Tuesday| 10:35 AM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
本のソムリエ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。