機械オンチでセンスゼロでも、一眼レフカメラでいい写真を撮る3つのコツ

一眼レフカメラを買ったものの、いまいち使い方がわからず挫折してしまう女性は多くいます。機械に対する苦手意識から使いこなせず諦めてしまうケースが多いようです。そこで「たった3つの機能を覚えるだけで素敵な写真が撮れるコツ」についてご紹介します。

これだけ覚えれば大丈夫!な3つのポイント

カメラの全自動オートモードは、いい意味でもわるい意味でもそのままの現実を映し出します。空の青さに感動してシャッターを切ったのに、実際の写真を見ると青がくすんで見えたり、自分の理想とギャップが生まれやすくなります。
そこでおすすめなのが、「こだわりオートモード」を使うこと。設定の全てを自分で決める「マニュアル」と違い、設定の一部を自分で決められる機能です。色や明るさを決められる「プログラムオートモード」や、ボケ具合を決められる「A・AVモード」。動くものに応じてシャッタースピードが決められる「S・Tvモード」などがあります。
※機種によって表記が異なります。
中でも、A(Av)モードは、カンタンなのに色んな自由がきく万能モードです。プロもよく使っています。このモードに設定したら、3つだけ覚えるべきポイントがあります。

ポイント1 ボケ具合を自分好みに変えよう

一眼レフなら、勝手にボケのある写真が撮れると思っている人も多いですが、設定をしないで撮ってもボケの写真は撮れません。A( Av)モードにすれば ボケ具合を自由に変えられます。液晶画面の中から、Fがついている数字を見つましょう。F値が小さいほどボケの度合いが大きくなり、F値が大きいほど奥までピントが合います。F値を設定したらまず、シャッターボタンを半押ししてピントを合わせます。それから、下までぐっと押してシャッターを切ります。何度かF値の設定を変えながら好みのボケ具合になるまで調整しましょう。

ポイント2 明るさを調整しよう

カメラに入ってくる光の量を露出といいます。こだわりオートモード なら、 明るさも自由に調整することができます。
カメラの中から+−ボタンを探してみましょう。(機種によっては表示がない場合もあります)+が大きいほど明るく、-が大きいほど暗くなります。大胆に明るくしてさわやかな雰囲気を出したり、あえて暗くしてかっこいい雰囲気を出したり、明るさを調整するだけでぐっと表現の幅が広がります。

ポイント3 青っぽくしたり、赤っぽくしたりしてみよう

ボタンの中に「晴れマーク」や「くもりマーク」などがあります。これは、天気予報のマークではなく「ホワイトバランス」といって、色味を変えられる機能です。カメラによっては「WB」と表示されていることもあります。

たとえば、「太陽光」 で撮ると青っぽいので 赤みを足したい場合、「くもりモード」にすれば赤っぽくできます。室内で撮ると赤っぽいので青みを足したいという場合、「蛍光灯モード」にすれば、目で見たのと近い色合いになります。
その時の光の状況に応じて、設定を変えてみましょう。

 

カメラの機能を全て理解していないといい写真が撮れない、という思い込みは誤りです。今回紹介した3つのポイントを押さえるだけでも十分、自分のイメージに近い写真を撮れるようになります。1番大事なのは、楽しむこと。たくさん撮るうちに、他の機能も使ってみたくなったり、むずかしいと思っていたことも自然とできるようになるはずです。

サンクチュアリ出版から1月8日に発売の書籍「カメラはじめます!」では、カメラ初心者のイラストレーターこいしゆうかさんが、プロカメラマンの鈴木知子さんに出会い、カメラについて学び上達していく様子をコミックで描いています。

主人公が上達していく様子が、実際の写真も交えながら読めるので、初心者が失敗しやすいポイントがわかりやすく、挫折経験者でも「もう1度チャレンジしてみよう」と勇気をもらえる1冊になっています。

(画像提供:iStock.com/NKS_Imagery/PatriciaEnciso/scyther5)

この記事は、”カメラはじめます!” こいしゆうか(著)/鈴木知子(監修)の新刊コラムです。


カメラはじめます! こいしゆうか(著)/鈴木知子(監修)

カメラはじめます!

こいしゆうか(著)/鈴木知子(監修)
1,200円+税
詳しくはこちら
覚えることはたった3つ!?
マンガでわかる 一眼レフカメラの入門書!
ムズカシイ専門用語も、マニュアルも、写真のセンスも、いっさい必要なかった!