元こじらせ女子から、全国にファンを持つ“恋愛のカリスマ”へ/高橋あい

高橋あい

恋愛の実体験やテクニックを綴ったブログは月間50万PV。講座は告知とともに満席になるほどの人気恋愛コンサルタント・高橋あいさん。過去にはバツイチで恋愛をこじらせていたという彼女が、どのように今の幸せを手に入れたのか、赤裸々に語ってくれた。

不仲の両親を見て育った少女時代

目鼻立ちのはっきりした華やかな容姿に、気さくで軽快な名古屋弁。一度会えば忘れない存在感を放つ高橋あいさんは、講座・個人コンサルティング・ブログなどで多くのファンを持つ恋愛コンサルタント。講座受講者の87%が「出会いが増えた」「恋人が増えた」と回答する、恋愛や婚活に悩む女性たちの救世主のような存在だ。

高橋さんが恋愛コンサルタントとして本格的に活動を始めたのは、2015年。そこから短期間でこんなにも支持されているのは、自身の実体験に基づいたリアルな恋愛メソッドが女性たちの心に響いているからだろう。

現在は、ご主人と二人のお子さんと幸せな家庭生活を送っている高橋さんだが、以前は相当な“恋愛こじらせ女子”だったという。その原因を紐解いて思い当たるのは、両親の不仲。

「物心ついたときから両親はよくケンカをしていて、それが当たり前の環境で育ちました。友達のご両親が仲良くしているのを見て、違和感を感じていたくらい。だから私自身も男性とどう付き合っていけばいいのかわからなくて、嫌われるのを恐れるあまり言いたいことも全然言えませんでした」

両親は結局、高橋さんが高校1年のときに離婚。高校に入って初めて恋愛をしてからは、好きな人とうまく付き合っていく方法がわからず迷走続きだったという。大人になるにつれて、「大人にならなくちゃ」という思いも重なってか、言いたいことがあっても言えず、表面的には物わかりのいい女を演じてしまい、いわゆる“だめんず”ばかりを引き寄せていた。

21歳で結婚・出産し、24歳で離婚

そんな高橋さんは、20代前半で結婚・出産・離婚を経験している。離婚したのは、息子さんがまだ2歳のときだった。

「原因はいろいろありますが、彼を尊敬・信頼できなかったことが大きかった。それは、自分を信頼していなかったから。離婚してからというもの私のこじらせには拍車がかかり、『バツイチでシングルマザーの私が幸せになんかなれるわけない』と勝手に思い込んでは、自信がないゆえに相手の顔色をうかがってばかり……。それでもひとりになることが怖く、恋愛依存を繰り返していました」

周りの友人たちが新社会人生活を謳歌しているときに、ひとりで子どもを育てながら、満たされない恋愛を繰り返す日々。思考はどんどんネガティブになっていったという。

そんな中で心の支えになっていたのが、幼い息子さん。月給手取り15万円のOL生活を送りながら、母の暮らす実家でお金を貯め、26歳のときに小さな1DKの部屋で親子二人暮らしをスタートした。
がむしゃらに働いても決して裕福な生活はできなかったが、自分で稼いだお金で子どもを養っているという事実は、高橋さんのなによりの自負になった。

「車が買えなかったので、雨の日も雪の日もママチャリで息子の送り迎えをしていました。ある雨の日、ずぶ濡れになりながら『あーーー悔しい! もっと稼いでやる!』と泣きそうになる私に向かって、息子が『雨がいっぱい口の中に入って楽しいね!』と笑いかけてくれたことがあって。息子がいるだけで、本当に毎日がんばれたし、励まされましたね」

再婚への決意が、人生を変える

今や月間50万PVを誇る人気ブログ。実はブログをはじめたのは21歳の頃。雑誌を読むのが好きで、いつか自分でコラムを書いてみたいと漠然と思っていたこともあり、自分の生活や価値観を文章に綴る行為は高橋さんにとって自然なことだった。離婚後はシングルマザーの日常やそのときどきの恋愛事情を綴り、いち女性の飾らないリアルなブログは徐々に人気を高めていった。

しかし当時はまだ、自身の恋愛経験が“仕事”になるとは、微塵も思っていなかったという。

高橋さんが本気で再婚を決意したのは、31歳のとき。誰と付き合っていても「私が愛されるはずない」「浮気されるんじゃないか」と不安でたまらない状況から脱し、満たされる恋愛、そして結婚をするための本気の決意だった。

「その頃、周りの友人たちは出産ラッシュ。みんなが幸せそうに見えて、寂しさや焦りが募っていました。そういう“人と比べて落ち込む私”からも卒業したくて、自分が求める生き方を本気で手に入れようと一念発起したんです。当時の私にとってそれは“結婚”でした」

それからはとにかく出会いを増やすべく、男性と出会えそうな場には積極的に出向いた。友人たちには「私、婚活中だから、本気で出会いを探している男性がいたら紹介して」と口癖のように言ってまわり、片っ端から出会いのチャンスを広げていったという。

婚活を機に、独自の恋愛メソッドを確立

本気で結婚すると決めてから、高橋さんの中である疑問が渦巻くようになった。

「メイクにもファッションにも気をつかっていて、見た目はきれいにしているつもり。気くばりもできるほうだし、会話だってだいたい盛り上がる。それなのに、どうしてうまく恋愛から結婚に発展しないんだろう……」

この謎を解かない限り、同じことを繰り返すと考えた高橋さんは、独自にリサーチを始めた。もともと好きだった心理学や、最初の結婚の前に勤めていた化粧品会社で得た知識、周りの友人たちの実体験、そして自分自身の実体験……。あらゆる情報をかき集め、分析し、実際に試して、自分なりの恋愛メソッドを確立していった。

そんな中で出会ったのが、現在のご主人。

「出会った瞬間ビビッときた!なんてことはなく、むしろその逆。最初はなんとも思っていなかったんです。でも、信頼する男友達に『あの人が合うと思う』と言われて、気にかけるようになって」

好きじゃない人と付き合ってみる。これは高橋さんの恋愛メソッドのひとつ。恋愛がうまくいかない女性は、“愛を受け取る”ことに慣れていない。自分を好いてくれる男性とお付き合いすることで、“愛を受け取る”ことに慣れ、その幸せを実感できるようになる。

自身のメソッドを体現するように、高橋さんの新しい恋愛はトントン拍子に進んだ。そして出会いからわずか7カ月でプロポーズ、それから1年後、33歳のとき、10年以上のシングルマザー生活にピリオドを打って再婚したのだった。


高橋さんの講座は、毎回告知とともにキャンセル待ちが出るほどの人気。
どんな悩みを持った女性にも、一人ひとり真摯に向き合う。

幸せな結婚生活のカギは、夫への尊敬と信頼

今のご主人と出会って、高橋さんの恋愛観は180度変わった。「私は本当に愛されているんだろうか」と不安になることも、相手の顔色をうかがいすぎて自分の意見を言い出せないことも、まったくなくなったという。

「結婚する前、2回目のデートのときに『かわいい腕時計だね』と褒められたことがあって。でも、前の彼にもらったものだったので、正直にそう伝えて『ホントは違うのつけたいんだけどね』と言ったんです。そしたら、まだ付き合ってもいないのに『俺が買ってあげる!』と言ってくれて、2カ月後の私の誕生日に本当にサプライズでプレゼントしてくれました。モノに限らずですけど、本気の男性って、行動で愛情を示してくれるんですよね」

夫には素晴らしいところがたくさんあり、それを心から尊敬している。高橋さんのその言葉は、幸せな結婚生活の秘訣そのものなのだろう。

「夫を尊敬して、信頼しているので、不安がありません。あんなに悩んでいた男性とのコミュニケーションがこんなにラクになるなんて、自分でも驚きます」

最愛の母との、突然の別れ

再婚して幸せいっぱいの高橋さんに、思いもよらない事実が突きつけられたのは、新婚旅行から帰ってきてすぐのことだった。

自分を生み育ててくれた母が、まさかの末期がん。余命は半年と言われた。

「父は私が21歳のときに亡くなっていて、そのうえ母もなんて信じられませんでした。まだ50代で、ついこの間まで元気に働いていたのに……」

半年後に母が亡くなり、誰もいなくなった実家で見慣れないアルバムを見つけた。開いてみるとそこには、若かりし頃の両親がおそろいのTシャツを着て笑顔を向けている写真が。物心ついたときからケンカばかりだった両親にも、こんなに仲睦まじい時期があったんだ。そう思うと、驚きとともに安堵感がこみ上げてきたという。

「どんな夫婦でも、幸せだった時間はある。そう思えてなんだかホッとしました」

父も母もいなくなり、空っぽになった実家を明け渡した高橋さんの胸には、哀しみとともにある新たな決意が生まれ始めていた。

恋愛コンサルタント・高橋あい、誕生

「両親を早くに亡くして、人生観が変わりました。“命には限りがある”という事実を本当の意味で理解し、それならやりたいことを思いきりやらなきゃもったいない!と思うようになったんです」

そして、34歳で起業。もともと美容が大好きで、とりわけつけまつ毛にこだわっていたため、つけまつ毛のレッスンをはじめとする美容講座を開くようになった。クチコミやブログのおかげで講座は徐々に人気に。

そんな中、ある友人の言葉が高橋さんの心を動かす。

「当時は得意なつけまつ毛に執着しすぎて、ちょっと視野が狭くなっていたんですよね。友人がこう言ってくれたんです。『あいちゃんはもっと自分の好きなことをしたらいいよ。お客さんの希望や需要を考えすぎるより、あいちゃんが好きなことを思いきりすれば自然と人が集まってくると思うよ』って」

いい恋愛も悪い恋愛も経験してきた、恋多き女。そんな自分の恋愛体験やメソッドが、もしかしたら誰かの役に立つかもしれない。
そう思い立ち、まずは6人程度の少人数でやってみようと思った恋愛セミナーだったが、予想以上の反響で最終的には全国から20人以上も参加してくれた。それが、今後の人生を“恋愛コンサルタント”として生きていくと決めるうえで、大きな自信になった。

それから少しして、ブログやセミナーの反響を聞きつけたサンクチュアリ出版からイベントのオファーが届く。ただ、その頃ちょうど妊娠していてすでに臨月だったため、出産後すぐに娘さんを抱えて名古屋から東京へ打ち合わせに行ったという。
その年に開催した初イベントは、定員50名のところ100名の応募が殺到。サーバがパンクする事態になるほど、大盛況に終わったのだった。

これから先は、ノービジョン・ノープラン

二人のお子さんを育てながら、講座やイベントに忙しい日々を送る高橋さん。2017年には念願だった出版という夢も叶った。苦しかった時期を乗り越え、パートナーに心から愛される人生を自らつかみとったからこそ、公私ともに充実している今がある。

「結婚も出産も2回ずつして、親も二人看取りました。大切な家族と過ごす“普通の幸せ”を、今ようやく手に入れた気がしています。キラキラしたお店でシャンパンを飲むのも楽しいけど、おいしいお出汁でつくったお味噌汁のある食卓を家族4人で囲むことが、今の私にはなによりの幸せ。満たされているなぁと実感します」

そんな高橋さんに今後の夢を聞いてみると、笑いながら一言。「ノービジョン・ノープランです(笑)」

「家族の中で、幸せな“奥さん”や“お母さん”として生活しながら、それをベースにやりたいことを追求していきたい。だから先のことはまだわかりません。過去の私のように悩んで行き詰っている、たったひとりの女性に届くように、これからもできることをしていきたいです」

(取材/文 三橋温子)

 

プロフィール



高橋あい
恋愛コンサルタント。1980年12月20日生まれ。愛知県名古屋市出身。化粧品会社勤務後、21歳で結婚・出産、24歳で離婚。

男で泣いてばかりの恋愛依存から脱するべく、幸せになるための恋愛テクニック、男性心理、美容法をとことん学び、独自のメソッドを確立。
10年間のシングルマザー生活を経て再婚、2016年5月には第2子が誕生。
現在は、パートナーに最高に愛されながらハッピーな結婚生活を送っている。
その実体験とテクニックを赤裸々に綴ったブログは、恋愛・婚活に悩む女性たちから圧倒的支持を得て、月間50万PVを誇る。

2015年に起業。恋愛メイク・ファッション講座や恋愛コンサルティングは、どれも開催の告知とともにキャンセル待ちに。受講者の97%が「満足」、87%が「出会いが増えた」「恋人ができた」と答え、人生を好転させる人が続出している。

ブログ http://ameblo.jp/realmind-ai

最速で出会いが増える顔になる 高橋あい(著)

最速で出会いが増える顔になる

高橋あい(著)
1,300円+税
詳しくはこちら
美人じゃなくても勝てる!
メイクを変えたら恋人ができた! 誘いが増えた!
87%の女性の運命を変えたシンデレラレッスンを大公開