男ウケする見た目と女ウケする見た目は違う?最速で出会いを引き寄せるコツ

流行のファッションを着て、ネイルやメイクもバッチリ。なのになぜか出会いがない。その理由はもしかしたら、「男性を遠ざける」見た目をつくっているせいかもしれません。大人気恋愛コンサルタントが、「最速で出会いを引き寄せるコツ」を伝授します。


メイクで変身はしなくていい


メイクで「大変身」をすればするほど、実は「恋する顔」からは遠ざかってしまいます。鏡に向かっていると、つい「もっと、もっと」と盛りたくなってしまいがちですが、男性が話しかけやすい顔をつくるには、物足りないくらいでストップすることが大切。

いかにもなアイシャドウや濃いリップ、素肌がわからないほど塗りたくった陶器のような肌は、男性を威圧しています。
極端な例ですが、叶姉妹を思い浮かべてみてください。うっとりするくらい美しいですが、あんなにゴージャスで、メイクもヘアも完璧な美女だと、よほど自信のある男性でない限り「話しかけやすそう」とは思わないですよね。

素顔が見えて自然体な、隙のある女性のほうが、男性はその先の恋愛を思い描きやすいものです。
リアルな「男性ウケ」を知るのにおすすめの方法は、男性誌をチェックすること。
同じ石原さとみさんでも、女性向けのファッション誌やコスメ誌に載っているときにくらべて、びっくりするほどナチュラルなメイクやヘアをしているはずです。

ファッションは「つまらない」くらいがいい


女性のツボをついたトレンド服が手頃なお値段でそろう、ZARAやH&M。でも、初対面の男性がいる場に着ていくのは、実はおすすめしていません。なぜなら、戦闘力が高すぎるからです。
「話しかけても、大丈夫」というメッセージは、 思いきり発信しなければ男性には伝わりません。
よかれと思ってとり入れた、大ぶりな柄ものやトレンドデザインが、「おしゃれでセンスもいいから彼氏がいるんだろうな」「個性的で俺には合わないかも」などというマイナスな思考を彼らに与えてしまうのです。モテファッションの鉄則は、とにかくシンプル。服もアクセサリーも、できるだけ主張のないものを選びましょう。女性の目線では、「ちょっとつまらないな」「物足りないな」と思うくらいがちょうどいいのです。

サラダはとりわけるな


男性に「ありがとう」と言わせる気くばりを、「おかん系気くばり」と呼んでいます(笑)。サラダをとりわける。男性のグラスがあいたら店員さんを呼ぶ。次のお店があいているか電話を入れる。これらはすべて、おかん系気くばり。 仕事ができる女性ほど、いろいろなことに気づいて先まわりしがちですが、今すぐやめましょう。

頼んでいないことをされても、男性はうれしくありません。むしろ、母親のような世話焼きにうんざり。小さなことでも「女性にしてあげた俺かっこいい」と思うのが男心なので、それをつぶすことは、恋の芽も摘みとってしまうようなもの。

頼まれたこと以外は、気づいてもなにもしなくていいんです。それより、自分のグラスの底についた水滴をお手ふきでぬぐったり、自分のお箸をきちんとそろえたり、 自分への気くばりがしっかりできる女性のほうが、ずっと女性らしく魅力的に映ります。

合コンや友達同士の集まりに行く機会があったら、モテる女友達をさりげなく観察してみてください。彼女たちは決まってなにもしていないはず。そして、まわりの男性陣は、かいがいしく彼女のお世話をしているはずです。

サンクチュアリ出版から12月7日に発売の「最速で出会いが増える顔になる」は、月間50万PVの大人気ブロガーで恋愛コンサルタントの高橋あいさんが、美人じゃなくても出会えいが増えるメイクのコツについて紹介した書籍です。これまで受講生の87%が「出会いが増えた」と実感したテクニックをぜひ、取り入れてみてください。

 

(画像提供:iStock.com/miya227/chombosan/Plasticboystudio/iprogressman/KatarzynaBialasiewicz)

この記事は、”最速で出会いが増える顔になる” 高橋あい(著)の新刊コラムです。


最速で出会いが増える顔になる 高橋あい(著)

最速で出会いが増える顔になる

高橋あい(著)
1,300円+税
詳しくはこちら
美人じゃなくても勝てる!
メイクを変えたら恋人ができた! 誘いが増えた!
87%の女性の運命を変えたシンデレラレッスンを大公開