ポリオワクチンを4本を寄付

彼女が亡くなる直前まで、著者である山口さんには、彼女から託された思いがありました。「世界のどこかで困っている人がいたら救ってほしい。」 そんな思いに、少しでも近づきたいという意志のもと、山口さんは、「ふたりのしるし」の印税をすべて、「世界の子どもにワクチンを日本委員会(Japan Committee Vaccines for the World’s Children)」に寄付をすることを決意されました。

 

5歳まで生きられない

1日約4,000人もの子どもたちが、予防可能な感染症にもかかわらず、ワクチンが行き届かないために5歳まで生きることができません。
プロ野球福岡ソフトバンクホークスの和田毅投手は、2005年からワクチンを贈る活動を続けています。
『ふたりのしるし』一冊につき4本のワクチンを寄付されることになっています。寄付に関しては、今後もお知らせページや、このページにてお知らせしていく予定です。

 

 ワクチンについて、詳しい情報は、以下サイトを御覧ください。

世界の子どもにワクチンを日本委員会

 
 

世界の子どもにワクチンを日本委員会

 

 2008年1月25日発売
 発行・発売/サンクチュアリ出版
 定価/1300円+税
 サイズ/B6変形・208ページ・ハードカバー

冊  

 


mixi『ふたりのしるし』コミュニティ