Home > ブック > 感動する生き方・考え方 > 犬が伝えたかったこと

ブック
ご希望の本を探したり、買うことができます

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

 
犬が伝えたかったこと 1

クリックで拡大表示

  1. 犬が伝えたかったこと

三浦健太(著)

2017年10月07日 発売
ISBNコード 978-4-8014-0044-3
四六版/ソフトカバー/256P/束17mm

価格:1,180円+税

やさしい涙を流した後に、 幸せな気持ちがあふれる。


「犬だけが知っていた妻の日課」
「家族がそろうまでがんばって生きた犬」
「犬が必死に飼い主に隠していたこと」
など

犬を見つめ、犬に寄り添い続けた熟練ドッグカウンセラー・三浦健太氏が贈る実話をもとにした、21の心温まる犬の話。

「本当の幸せとは?」
「今の私がある理由とは?」
犬たちが教えてくれた大切なことを家庭や仕事に問題を抱えたさまざま人の心の成長を通して、やさしく伝えてくれます。



犬はまっすぐです。
一度、心を許した飼い主のことを、死ぬまでずっと好きでいるといいます。
その飼い主がどんなに変わってしまっても。
あまり関心を持たれなくなったとしても、犬はずーっと飼い主のことが好き。

そんな犬はドラマのように機転を利かせたりすることはなく、どんなときも、いつまでも“ワンパターンな日常"のくり返し。
でもだからこそ、私たちは犬から多くのことを学びます。
変わるのはいつも私たちで、犬はぜんぜん変わらない。
犬はなにものぞまず、ただ私たちといるだけで幸福だからです。

三浦健太さんは『犬が教えてくれたこと』『犬の頭がぐんぐんよくなる育て方』などでおなじみのドッグカウンセラーの第一人者です。
何万組という犬と飼い主のふれあいをみてきた三浦さんだからこそその目を通して犬を見てみると、犬たちが一体なにを伝えたかったのか、新しい感動とともに理解できるはずです。

おまかせ本選びサービス

ジャンル別書籍リスト

通販ランキング

RSS