Home > ブック > 感動する生き方・考え方 > 覚悟の磨き方 〜超訳 吉田松陰〜

ブック
ご希望の本を探したり、買うことができます

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

 
覚悟の磨き方 〜超訳 吉田松陰〜 1

クリックで拡大表示

  1. 覚悟の磨き方 〜超訳 吉田松陰〜

池田貴将(編訳)

2013年05月25日 発売
ISBNコード 978-4-86113-992-5
四六判 ハードカバー 束21ミリ 248ページ

価格:1,500円+税

不安と生きるか。
理想に死ぬか。

幕末の天才思想家、胸に迫るその熱い言葉。


外国の文明を学ぼうと、死罪を覚悟で黒船に乗り込もうとした。
幽閉の処分となると、小さな塾を開いて、高杉晋作や伊藤博文など、後の大臣や大学創設者になる面々を育てた。
誰よりも遠くを見据えながら、幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・吉田松陰。

彼の「心」「志」「士」「友」「知」「死」日本史上、最も熱くてリアルな人生哲学が世代を超えて心に響く、強くてやさしい言葉でよみがえる。

日本史上、吉田松陰ほど「クレージー」を愛した人はいないでしょう。
松下村塾という小さな塾から、その強烈なカリスマ性をもって、高杉晋作、伊藤博文をはじめとする数多くの異端児たちを育てあげました。
この本には、30歳という若さでこの世を去った松陰先生が、命がけで残そうとした「願い」が集まっています。
それらを一つひとつ胸に刻むごとに、若き日々に置いてきてしまった「狂の心」が、ふつふつとよみがえってくるのです。

この本をもっと詳しく知りたい方はこちら

この書籍のレビュー

レビューはまだありません。
本の感想が採用されると1000円のQUOカードをプレゼント!

おまかせ本選びサービス

ジャンル別書籍リスト

通販ランキング

RSS