Home > ブック > 自分を変える > 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

ブック
ご希望の本を探したり、買うことができます

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

 
手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 1

クリックで拡大表示

  1. 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

ミニマリストしぶ(著)

2018年05月07日 発売
ISBNコード 978-4-8014-0051-1
四六判/224P/束16mm/並製

価格:1,200円+税

最小限の生活コストを知り、自由な時間としがらみのない人間関係を手に入れる! 新世代ミニマリストが教える50のコツを公開!


最小限のお金で生きて
最大限の自由を手にする

月間100万PVの超人気ブロガーが教える、
本当に豊かな人生を送るための
「手ぶら」のススメ。

◎コテンンツ例
【第1章 暮らしを自由にする】
・四畳半ワンルームに家賃2万円で住む
・床で寝る
・月7万円で暮らす

【第2章 物を自由にする】
・財布は持たない
・「限定物」ではなく「定番物」を買う
・出口戦略を考えて買う

【第3章 体を自由にする】
・「1日1食」で生活する
・食欲を「腸」でコントロールする
・中毒性のある食べ物を避ける

【第4章 時間を自由にする】
・自分の時間を幸せにしてくれるものを選ぶ
・荷物はコンビニでしか受け取らない
・「物の消費=時間の消費」であると知る

【第5章 思考を自由にする】
・大切な1%のために、100%集中する
・「お金・時間・空間・管理・執着」の概念をなくす
・「顔がわかる人」からの情報を手に入れる

【第6章 人間関係を自由にする】
・60万円以上は貯金しない
・「恩の奴隷」にならない
・利益をもたらす人間としか付き合わない



編集者のコメント
「あれを買わなきゃ、あれを食べなきゃ、もっと稼がなきゃ……」
それらの望みは、本当に実現したいものだろうか?

「人からよく思われたい」「恥ずかしい思いをしたくない」という
「見栄」によるものではないだろうか?

見栄を捨てないまま、自由になることはない。
見栄を張るためにお金を稼ぎ、ほしい物を手に入れたらすぐ「もっと上」の欲望が湧き起
こる……。

ミニマリストしぶが、お金をかけて「強調」するものは3つ。
「健康」「能力」「時間」を伸ばす物だけ。
家やファッション、持ち物で見栄を張ることは、絶対にしない。

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとってなにが幸せ
か」を知ること。

あなたという存在を飾り立てる、余計なお金や物はいらない。
手ぶらでいこう。

本の感想が採用されると1000円のQUOカードをプレゼント!

おまかせ本選びサービス

ジャンル別書籍リスト

通販ランキング

RSS